環境衛生インフォメーション

tel:0120-60-1064

▼詳細日本など16カ国が参加して21日にシンガポールで開く東アジアサミットが特別宣言を発表し、温室効果ガスを吸収する森林面積を「2020年までに1500万㌶以上拡大する」との数値目標を打ち出し、中国が同意する方針であるこ...

環境衛生インフォメーション

▼詳細ユーラシアプレートと北米プレートの二つの地熱が交わる大西洋中央海嶺の真上に、アイスランド最大のネシャベトリル地熱発電所がある。地熱発電は二酸化炭素排出量が火力発電の20分の1と少ないだけでなく、今後本格的な技術輸出...

環境衛生インフォメーション

▼詳細植林や風力発電など「グリーン電力」の利用、途上国での排出削減プロジェクトなどで発行されるクレジット(排出権)の取得などを通し、上乗せ額分だけ排出抑制対策に協力できる仕組みだ。電力や鉄鋼など大企業が行う排出権取得も、...

環境衛生インフォメーション

▼詳細日本経団連は15日、2013年以降の「京都議定書(ポスト京都)」の地球温暖化防止に向けた提言をまとめ、各国が定めた温室効果ガス排出の削減目標を国連で公約し、その進捗状況や対応具合を国連でチェックする仕組みを打ち出し...

環境衛生インフォメーション

▼詳細ガソリンの代替燃料としてブッシュ米政権が普及拡大に力を入れているエタノールの価格が、下落を続けている。原料であるトウモロコシの増産やエタノール工場の建設ラッシュが起きたが、以外にも供給が過剰となり、計画修正の動きも...

環境衛生インフォメーション

▼詳細南極・昭和基地では第48次南極地域観測隊がオゾン濃度測る気球を次々と上げている。今月は上空のオゾン層の破壊が急激に進んでオゾンホールが最も発達する時期で、ドイツや日本など7カ国が9基地で同時観測をしている。環境省に...

環境衛生インフォメーション

▼詳細地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の大気中濃度を2倍にすると、草原で牧草に適さない亜低木のヨモギの一種が5年間で40倍も繁殖したとの野外実験の結果を、米農務省の研究チームが、米科学アカデミー紀要(電子版)に...

環境衛生インフォメーション

▼詳細小中学校に水俣病を伝える出前授業に、九州から遠く離れた神奈川県相模原市などの市民が取り組んでいる。「『水俣』を子供たちに伝えるネットワーク」(伝えるネット)で、この7年余で18人の講師が延べ160ヶ所で授業をした。...

環境衛生インフォメーション

▼詳細まず、光化学スモッグとは何でしょう? 光化学スモッグとは、工場や自動車の排気ガスなどに含まれる窒素酸化物や炭化水素(揮発性有機化合物)が日光に含まれる紫外線の影響で光化学反応を起こし、それにより生成する有害な光化学...

環境衛生インフォメーション

▼詳細横浜市は緑の保全・創造と地球温暖化防止などの政策実現に向けて、新税の導入や既存税目の課税のあり方などを議論するため「税制研究会」を立ち上げた。12月をめどに中間報告をまとめ、市民意見を取り入れて平成19年度内に案を...

環境衛生インフォメーション

▼詳細事の重要性からみると当然、参院選の争点になってしかるべきにもかかわらず、盛り上がりに欠けているのが地球温暖化対策である。 今年6月の主要国首脳会議では「2050年までに世界の温室効果ガスの排出量を半減させることを検...

環境衛生インフォメーション

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME