環境衛生インフォメーション

tel:0120-60-1064

▼詳細13日に開幕した北米国際自動車ショーは、日米欧の大手メーカーによる「環境車発表会」の様相を呈している。各社とも、ガソリンエンジンと電気モーターを併用するハイブリッド車や、ガソリン車より二酸化炭素(CO2)排出量の少...

環境衛生インフォメーション

▼詳細政府は6日までに、7月の主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)で、地球温暖化対策として参加国に対して低炭素社会の実現に向けた国際共同調査研究を提唱する方向で検討に入った。日本は昨年の独ハイリゲンダム・サミットで20...

環境衛生インフォメーション

▼詳細国連気候変動枠組み条約の第13回締約国会議(COP13)は15日午後、2013年以降の地球温暖化対策の国際枠組みの構築に向け、米国や中国、インドなどの発展途上国も含めて取り組む事を盛り込んだバリ・ロードマップ(工程...

環境衛生インフォメーション

▼詳細国連の「気候変動枠組み条約第13回締約会議(温暖化防止バリ会議)」で13日、新たな共同議長案が提出された。「先進国は20年に90年比で温室効果ガス25~40%減」と数値で方向性を示した部分は維持された。米国などの反...

環境衛生インフォメーション

▼詳細発光ダイオード(LED)式の信号機をよく見るようになりました。どんな長所があるのでしょうか?LED照明推進協議会に聞きました。 LED式は従来の電球式信号機に比べて長寿命で、直射日光が当たっても見やすく低消費電力。...

環境衛生インフォメーション

▼詳細総合資源エネルギー調査会石油分科会は22日、植物由来のバイオエタノールを卸売業者の段階でガソリンに混ぜて使う自動車用燃料「E3」の普及に道を開く、自動車用燃料の品質確保法(品確法)の改正案を固めた。既に別方式のバイ...

環境衛生インフォメーション

▼詳細稲わらや建築廃材などを使ったバイオエタノールの量産を2015(平成27)年までに商品化するため、経産省が中心となって、新日本石油やトヨタ自動車など国内大手16社と大学、政府機関が参加したバイオ燃料技術革新協議会が2...

環境衛生インフォメーション

▼詳細日本など16カ国が参加して21日にシンガポールで開く東アジアサミットが特別宣言を発表し、温室効果ガスを吸収する森林面積を「2020年までに1500万㌶以上拡大する」との数値目標を打ち出し、中国が同意する方針であるこ...

環境衛生インフォメーション

▼詳細ユーラシアプレートと北米プレートの二つの地熱が交わる大西洋中央海嶺の真上に、アイスランド最大のネシャベトリル地熱発電所がある。地熱発電は二酸化炭素排出量が火力発電の20分の1と少ないだけでなく、今後本格的な技術輸出...

環境衛生インフォメーション

▼詳細植林や風力発電など「グリーン電力」の利用、途上国での排出削減プロジェクトなどで発行されるクレジット(排出権)の取得などを通し、上乗せ額分だけ排出抑制対策に協力できる仕組みだ。電力や鉄鋼など大企業が行う排出権取得も、...

環境衛生インフォメーション

▼詳細日本経団連は15日、2013年以降の「京都議定書(ポスト京都)」の地球温暖化防止に向けた提言をまとめ、各国が定めた温室効果ガス排出の削減目標を国連で公約し、その進捗状況や対応具合を国連でチェックする仕組みを打ち出し...

環境衛生インフォメーション

▼詳細ガソリンの代替燃料としてブッシュ米政権が普及拡大に力を入れているエタノールの価格が、下落を続けている。原料であるトウモロコシの増産やエタノール工場の建設ラッシュが起きたが、以外にも供給が過剰となり、計画修正の動きも...

環境衛生インフォメーション

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME