環境衛生インフォメーション

tel:0120-60-1064

▼詳細2008年5月24日、四川大地震の被災地で疫病予防策として現在行われている消毒作業に、「敵敵畏」「滴滴涕」「六六六」など本来使用が禁止されている有害な農薬が使われていることから、国家衛生部、環境保護部、水利部、農業...

環境衛生インフォメーション

▼詳細日本と車、おそらく切り離す事はできない程身近な話題である。 今日は、私自身がずっと疑問に思っていたことを書いてみたい。 何故そんなに洗車するのだろうか? 日本人は元々住居内でも靴を脱いで生活する習慣があるせいか 大...

環境衛生インフォメーション

▼詳細家庭用冷蔵庫の野菜室にくずが残っていると細菌が繁殖しやすく、ふきんの水ぶきだけでは菌が増えることが、兵庫県立生活科学研究所のテストで分かった。消毒用エタノールを使った掃除が効果的だ。 冷蔵庫内で細菌が繁殖しやすい場...

環境衛生インフォメーション

▼詳細若い男から110番、出てみれば「ゴキブリが気持ち悪い」害虫駆除の依頼、恋愛相談……。警察に舞い込む様々な電話に、首をかしげたくなるような内容が目立つようになった。  地域住民と向き合う警察にとって、モラルに欠ける要...

環境衛生インフォメーション

▼詳細県自然環境課は26日、倉敷市玉島地区の県管理の水島港外貿163岸壁で、特定外来生物に指定された毒グモのセアカゴケグモと見られる5匹が見つかった、と発表した。特定されれば県内初確認。  同岸壁は海外からのコンテナなど...

環境衛生インフォメーション

▼詳細【長野県】食の安全確保などを目的に、県は2008年度の食品衛生監視指導計画を策定した。食中毒防止対策の重視、輸入野菜の残留農薬に対する検査強化などが盛り込まれた。  県のまとめによると、県内では07年度、ノロウイル...

環境衛生インフォメーション

▼詳細全州14日聯合】高病原性の鳥インフルエンザが相次いで発生し、全羅北道地域で家きん類の殺処分対象が大幅に拡大する中、金堤地域を中心に14日から追加の埋却作業が始まった。  全羅北道の鳥インフル防疫対策本部によると、同...

環境衛生インフォメーション

▼詳細地球温暖化問題と原油高を受け、世界で風力発電所への投資が活発化し、日本でも1000基を超える風車が各地で稼働している。CO2(二酸化炭素)などの温室効果ガスを排出せず、「環境にやさしい」とされる風力発電だが、風車が...

環境衛生インフォメーション

▼詳細渋川市立橘小学校(武居宏幸校長、320人)で今月18日、給食に出た赤城酪農組合(同市赤城町)の紙パック牛乳1個に昆虫のカマドウマが混入していたことが分かった。6年生の男子児童(12)が途中まで飲んだが、体調不良など...

環境衛生インフォメーション

▼詳細ディーゼル車の排ガスなどに含まれる微粒子状物質(PM2.5)について、環境省は24日、長期間吸い込むことで肺がんによる死亡率が約1.3倍になるという国内初の大規模調査結果をまとめた。 循環器疾患による死亡率の増加に...

環境衛生インフォメーション

▼詳細 環境省は、世界の温室効果ガス排出量のうち2020年時点で圧縮可能な量を約100億トンとする研究結果を、14日からのG20対話で公表する。  国立環境研究所と京都大学などの共同研究による試算値で、圧縮可能な排出量を...

環境衛生インフォメーション

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME