ブログ記事一覧

tel:0120-60-1064

店内や室内に蚊を寄せ付けない!梅雨から夏秋にかけての蚊対策について

2020-07-08 [記事URL]

店舗や室内への蚊の侵入を防ぎつつ、「充分な換気」で新型コロナ対策!

店舗や室内への蚊の侵入を防ぎつつ、「充分な換気」で新型コロナ対策!
いつもFCCをご利用頂き、誠にありがとうございます。
この度FCCでは、夏場の蚊対策について、新型コロナウイルスの情勢を鑑み、
下記の商品・サービスを皆様にご紹介いたします。
安全で安心、そして快適な環境作りをお手伝いすべく、これからもFCCは、
情勢にあった最適なご提案をさせて頂きます。ご確認のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

夏場の蚊対策!「換気」をしながら「蚊」を防ぐ方法!
梅雨時期から夏、そして残暑が厳しい9月頃まで、私たちの生活に嫌でも加わってくるのが「蚊」です。外出時には、虫よけスプレー等で対策をされる方も多いかと思いますが、お部屋の窓を開けていたり、テラス席等でしばらくいたりすると、どうしても蚊に刺されてしまいます。。。

一方で、今年は特に、お部屋やお店の窓を開けて換気をする必要があります。
新型コロナウイルス対策です。

密閉空間となることを防ぎ、定期的な換気を行うことが推奨されています。
特に、不特定多数の方々が集まる「飲食店」等の店舗様では、これまでは窓を開けず空調のみで対応していたところも、今年は窓を開けての営業をなされているかと存じます。

この、「蚊の侵入」と「室内の換気」が大きな問題となっています。

・窓を開けて換気をすると、室内に蚊が侵入し、結果として室内のお客様や従業員の不満になりかねない…
・しかし、蚊を防ぐために換気をしないでいると、密閉空間となって「新型コロナウイルス」対策が不十分となり、衛生環境に不安が残る…

そこでFCCから、「換気をしつつ、蚊の侵入を防ぐ」商品とサービスをご紹介いたします。

メーカー

効能・効果

蚊成虫の駆除又は忌避

用法・用量

蚊成虫の駆除:1025畳の屋内で使用

蚊成虫の忌避:屋外で使用

延べ約1500時間

タイマー12時間ON12時間OFFで約4ヶ月

電源

単一アルカリ乾電池6本(定格4.5V

大きさ

器具本体:幅約130mm×高さ約230mm×奥行き約130mm

カートリッジ:高さ約40mm×直径約70mm

重量

器具本体:約600g

電池6本:約800g

カートリッジ:約35g

特徴

本製品は「防除用医薬部外品」として、厚生労働省にて蚊の駆除効果を確認しています。電池式なので場所を選ばず、最大で約4か月間の使用が可能です。

 

FCCでは、蚊の侵入を防ぐ忌避器として、「蚊に効くカトリス(プロ用)」を取り扱っております。また、本製品の導入を検討される際は、FCCの環境コンサルスタッフが実際に店内を確認させて頂き、最適な設置場所や設置個数もご提案させて頂きます。

新型コロナウイルスとの共存、いわゆるウィズコロナ・アフターコロナの時代に突入しましたが、今年は換気の重要性が増したことで、より一層、夏場の蚊対策もまた重要になると考えております。

FCCは、今後も皆様の健全な店舗運営を応援すべく、最適なご提案を続けてまいりますので、何かご不明点やご要望、ご相談がございましたら、お気軽にFCCまでご連絡くださいませ。

 

最後に、豆知識を一つ。

蚊は、新型コロナウイルスを運ぶのか?蚊を媒介として新型コロナウイルスは感染するのか?という疑問や不安を持つ方もいらっしゃるかと存じます。

結論として、蚊によって新型コロナウイルスに感染する可能性は、非常に低いということです。(参照:時事ドットコムニュースより)

世界保健機関(WHO)は、吸血昆虫の蚊が新型コロナウイルスを媒介する可能性があるという証拠は何もないとすでに発表しており、また6月25日にはイタリア・高等衛生研究所(ISS)は、「新型コロナウイルスは、感染した血液の吸血を通じて蚊に受け渡されると増殖できないことが、今回の研究で明らかになった」と説明しています。

蚊に刺されることで新型コロナウイルスに感染する可能性を排除しており、蚊が直接新型コロナウイルスの感染を拡大することはほとんどない、とされています。

しかし、蚊を防ぐために密室・密閉空間になることは避けねばならないため、今回のご提案をご紹介させて頂く運びとなりました。

それでは、引き続き株式会社FCCを宜しくお願い申し上げます。


木箱

2021-06-22 [記事URL]

なかなか天気が安定しない日が続きますね。
雷雨を含む天気で、ゲリラ豪雨がざっと降るなど予定が立てづらいですよね。コロナも、まだまだワクチンが行き渡らず、区や県によって対応が違って統一性がなくて、皆分かりづらい環境になっていますよね。
副作用が心配で受けない人もいるようですね。
しっかりとしたルールを決めて、スケジュールを立てて欲しいですね!

今回、ご紹介したいのは、新規施工で対応した洋食店で見かけた発生場所になります。
写真を見ていただくと分かりますが、輸入品に使われる木箱になります。
厨房内で調味料と小皿を置くのに使われていました。
少し古く亀裂が入って隙間が出来てしまっており、枠も隙間がありました。
その隙間に生息していて、写真のように小皿や調味料をどけると箱の端に結構な生息がありました。物を動かさないと見つけられないような場所です。
物の影になって、意外と灯台下暗しになります。
このような場所も、隅から隅まで作業を行いますので完全駆除が可能になります。ゴキブリでお困りの場合はご相談下さい。お待ちしております。

 


ゴキブリの幼虫を見かけたら

2021-06-18 [記事URL]

皆様こんにちは!
夏までもう少し!ゴキブリ対策はお済みでしょうか?

小さいゴキブリを見かけたけど、成虫じゃないから大丈夫かな?なんて人は
いませんか?

ゴキブリの幼虫が出てきたら、見えないところにたくさんの赤ちゃんが潜んでいる
サイン!放置しておくとゴキブリが成虫になり、大量発生してしまいます。

■幼虫を見かけたら付近を注意!

ゴキブリの幼虫は、成虫に比べると行動範囲があまり広くありません。
成虫よりも手足が未発達なので、孵化した地点の近くをうろついていることが
多いと考えられます。

そのため、赤ちゃんを見かけたら、近くに大量の幼虫が孵化している
おそれがあります。

ゴキブリは一度に20個前後の卵をうむので、幼虫のそばには、少なくとも
10匹以上はいるとかもしれません。

ゴキブリは産卵後、1か月前後でいっせいに孵化するため、幼虫を見かけたときは
孵化して間もない時期と考えられます。

■駆除方法

ゴキブリがすでに出てしまった場合、家でできる対策方法は以下などが挙げられます。

●熱湯をかける
●くん煙剤を使う
●毒餌を置く
●殺虫剤を使う
●捕虫器を使う
●冷却式殺虫剤を使う

いかがでしたでしょうか?
ゴキブリは一度発生すると、完全に駆除することが難しいです。

そこで!FCCにご相談ください!
FCCはゴキブリ駆除の専門業者です。
ゴキブリの被害にあわれて困っているという方は、ぜひお気軽にご相談下さい!

>>FCCゴキブリ駆除詳細はこちら!!<<


繊細な色

2021-06-17 [記事URL]

関東は、毎日夏日で熱中症で運ばれる人がいるくらい暑い日が続きますね。

梅雨入りもなかなかされなかったりで、季節を飛び越してしまった感じでしたが、街中には季節的な景色も見られました。
娘の保育園の入口に、綺麗に色付いた紫陽花が写真のように咲いていました。
紫陽花の色はいろいろとありますが、今の季節咲き誇った景色を見ると色鮮やかで華やかに見えますよね。
この色が違うのは、根がアルミニウムを吸って『アントシアニン』と結合するかどうかで花の色が決まるそうです。
『アントシアニン』のアルカリ性、酸性、中性の度合で色が変わるそうです。
アルカリ性は赤色、酸性は青色、中性は紫色になるそうです。
日本のあちこちで、この時季だけに見れる情緒ある景色に癒されますよね。

早くコロナが終わって、日本の四季を見つける環境になればいいですよね!

 


ガス台の裏に

2021-06-15 [記事URL]

6月も半ば、すっかり初夏の陽気になり、ますます害虫が活発になってくる季節です。

今回のお伺いしたお店ではガス台の下に主な生息がありました。
写真はガス台を下から撮ったものですが、古くなり色々な隙間が出来ておりそこに生息しておりました。
ガス台が稼働すると熱くなりすぎで表に出てきて、閉店後また巣に戻って行っているのだと思います。
一つ一つこうした原因を見つけて処置していく事こそ駆除に必要な事なのです。


新型コロナウイルスワクチンのポイント

2021-06-11 [記事URL]

皆様こんにちは!

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が20日まで延長となり、いまだ気が抜けない
状態にありますね。
日本でも各地で新型コロナウイルスワクチンの接種が始まりました。

新型コロナウイルスワクチンはインフルエンザの注射と何が違うのでしょう?

■新型コロナウイルスのワクチン

日本で接種が始まった新型コロナウイルスのワクチンはファイザー社とモデルナ社の
2社あります。

どちらも2回の接種が必要となります。

■ワクチン接種のポイント

●当日の服装●

新型コロナウイルスワクチンは肩の筋肉である「三角筋」に筋肉注射します。
当日は肩の出せる服装、ノースリーブだと理想的です◎

●ワクチン接種後●

ワクチン接種後は接種会場で15分以上座って様子を見てください。
過去にアナフィラキシーなどの重い症状を起こしたことがある方は30分以上
待ちましょう!

接種当日は1日、激しい運動や過度な飲酒は控えましょう。
接種部分は清潔にしておきます。

いかがでしたでしょうか?
現在は高齢者の方や医療従事者の方の接種が優先的に進められています。
焦らずワクチン接種の順番を待ちましょう!


HIIT(ヒート)で脂肪燃焼

2021-06-10 [記事URL]

HIIT(ヒート)とは、High Intensity Interval Trainingの略語で、高強度インターバルトレーニングのことです。
短時間で高い負荷のトレーニングと、休憩をインターバルで繰り返していきます。
一般的な有酸素運動に比べて短い時間にもかかわらず、トレーニング後長時間に渡って脂肪の燃焼が続くため、高いダイエット効果があります。また心肺機能と筋力向上にも有効です。
プログラムによりメニューは様々ですが、20秒〜30秒間がむしゃらに動いてから10秒休憩、というのがベース動作になります。
自分が出ているのは30分のプログラムですが、大変に高強度でとても遣り甲斐があります。
ただ、動作の回数は決まっていなくて、一定の時間の間だけ動けば良いというものなので、個人の体力レベル、その日の体調に応じて軽めに調整することが可能です。
YouTube等でも簡単に検索できるので、ぜひおすすめします。


フロアー隙間

2021-06-08 [記事URL]

スライドショーには JavaScript が必要です。

そば店の現場です。
フロアーでゴキブリを見かけるとのご依頼で作業に伺いました。
ソファー席と床の境目に所々隙間があり、ここに生息がありました。
店主のお話しによると、こちらの店舗はソファー席が通路から一段高くなっており、中に配管が通っているそうです。
中を見る事は出来ませんが空洞部分が巣になっていそうです。
FCCでは店舗の構造も考慮してゴキブリの生息源を特定し、より近い箇所に薬剤を施工してゴキブリゼロを目指しております。


ネズミが嫌いなもの

2021-06-04 [記事URL]

皆様こんにちは!

暑くなりネズミ被害にあわれている方も増えているのではないのでしょうか?
そんなネズミも生き物!嫌いなものが多く存在します。

■ネズミの嫌いなもの

●ネズミが嫌いな音
・周波数24~45kHzの音
・ネコやワシなどの捕食者の鳴き声

●ネズミが嫌いな臭い
・ミントやハッカなどのハーブ系
・ユリ
・わさび
・防虫剤(クスノキ、樟脳)
・ネコなどの天敵の臭い

●ネズミが嫌いな環境
・餌がない場所
・隙間がない場所
・寒い場所

●ネズミの天敵
・ネコ、イタチ、キツネ、ワシ、タカ、フクロウ、ヘビなど

などが挙げられます。
食べ物に関しては、ネズミは雑食のため嫌いな食べ物がありません。

いかがでしたでしょうか?

ただネズミが嫌いなものを使うことで、ネズミが住みづらい家を作ることは
できますが、積極的に駆除するとなるとちょっと物足りない感じがしますよね。

そこで!!
FCCではネズミの駆除も行っております。
ネズミの被害に遭って困っているという方は、ぜひお気軽にご相談ください!

>>FCCネズミ駆除詳細はこちら!!<<


5月病

2021-06-03 [記事URL]

こんにちは
営業部の宮澤です。

先週は1週間雨ばかりで嫌になってしまいましたね。これでもまだ梅雨入りを宣言されていないのですから困ってしまいます。

そんな天気の中、この時期気分が落ち込んでしまって憂鬱な人は多いのではないでしょうか。
世間で言う5月病ですね。特に環境がかわったばかりの方や疲れている方に起こりやすいです。ですがこれがただの落ち込みではなく、「うつ病」の前兆だとしたら注意が必要です。
そもそも「うつ病」とはどういうものかご存知でしょうか。私も「うつ病」の事はあまり知りませんでしたが、身近な人に症状が出て、初めて知る事ができました。
うつ病とはわかりやすく言うと「脳の機能の低下に伴い、日常生活をまともに過ごせないほど感情が極端に落ち込んでしまった状態」の事を言います。
うつ病の原因はわかっていないそうですが、過度なストレスにより神経伝達物質のバランスが崩れたり脳の血行や代謝が低下して起こるのではと考えられています。自律神経やホルモンの分泌の低下も要因の一つだとそうです。
悲しいことに年々「うつ病」に悩まされるひとは増えているのに理解が進んでいないのが現状です。
特にこの時期は新しい環境にストレスを感じてしまっている人が多くなります。
少しでもおかしいなと感じている人がいるならば、まずは相談してみる事が良いかもしれませんね。


天井裏の侵入口

2021-06-01 [記事URL]

沖縄、九州では梅雨入りしましたが関東・東海地方は梅雨入りせずに大気が安定しない日が続きますね!先週は、大雨が降ったと思えば、それ以外は肌が灼けるほどの日差しが注ぐ日が続きましたね。本格的な夏まで、あと一歩のところまで近づいています。

ただ、マスクを付けながらの真夏日は、かなりの発汗となり息苦しさもあるので、どうにかならないかと考える今日この頃です。本当にコロナが1日も早く解決してくれることを祈るばかりです。今回は、ネズミの侵入路を紹介します。 写真の映像から場所を連想していただくと分かるでしょうか。

こちらは、飲食店のダウンライトが設置されている天井裏になります。厨房の天井との境がこのような隙間で、20メートル以上開いていました。この隙間から外に出て柱をつたって店内に降りてきていました。この侵入路を塞いだことで店内への侵入を防ぐことが出来ました。

ウィルスを媒介するネズミの侵入は、飲食店にとって致命的です。もし、侵入を見つけたら対策を行って下さい。私共もお手伝い致します。ご連絡下さい。お待ちしております。

スライドショーには JavaScript が必要です。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME