ブログ記事一覧

tel:0120-60-1064

店内や室内に蚊を寄せ付けない!梅雨から夏秋にかけての蚊対策について

2020-07-08 [記事URL]

店舗や室内への蚊の侵入を防ぎつつ、「充分な換気」で新型コロナ対策!

店舗や室内への蚊の侵入を防ぎつつ、「充分な換気」で新型コロナ対策!
いつもFCCをご利用頂き、誠にありがとうございます。
この度FCCでは、夏場の蚊対策について、新型コロナウイルスの情勢を鑑み、
下記の商品・サービスを皆様にご紹介いたします。
安全で安心、そして快適な環境作りをお手伝いすべく、これからもFCCは、
情勢にあった最適なご提案をさせて頂きます。ご確認のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

夏場の蚊対策!「換気」をしながら「蚊」を防ぐ方法!
梅雨時期から夏、そして残暑が厳しい9月頃まで、私たちの生活に嫌でも加わってくるのが「蚊」です。外出時には、虫よけスプレー等で対策をされる方も多いかと思いますが、お部屋の窓を開けていたり、テラス席等でしばらくいたりすると、どうしても蚊に刺されてしまいます。。。

一方で、今年は特に、お部屋やお店の窓を開けて換気をする必要があります。
新型コロナウイルス対策です。

密閉空間となることを防ぎ、定期的な換気を行うことが推奨されています。
特に、不特定多数の方々が集まる「飲食店」等の店舗様では、これまでは窓を開けず空調のみで対応していたところも、今年は窓を開けての営業をなされているかと存じます。

この、「蚊の侵入」と「室内の換気」が大きな問題となっています。

・窓を開けて換気をすると、室内に蚊が侵入し、結果として室内のお客様や従業員の不満になりかねない…
・しかし、蚊を防ぐために換気をしないでいると、密閉空間となって「新型コロナウイルス」対策が不十分となり、衛生環境に不安が残る…

そこでFCCから、「換気をしつつ、蚊の侵入を防ぐ」商品とサービスをご紹介いたします。

メーカー

効能・効果

蚊成虫の駆除又は忌避

用法・用量

蚊成虫の駆除:1025畳の屋内で使用

蚊成虫の忌避:屋外で使用

延べ約1500時間

タイマー12時間ON12時間OFFで約4ヶ月

電源

単一アルカリ乾電池6本(定格4.5V

大きさ

器具本体:幅約130mm×高さ約230mm×奥行き約130mm

カートリッジ:高さ約40mm×直径約70mm

重量

器具本体:約600g

電池6本:約800g

カートリッジ:約35g

特徴

本製品は「防除用医薬部外品」として、厚生労働省にて蚊の駆除効果を確認しています。電池式なので場所を選ばず、最大で約4か月間の使用が可能です。

 

FCCでは、蚊の侵入を防ぐ忌避器として、「蚊に効くカトリス(プロ用)」を取り扱っております。また、本製品の導入を検討される際は、FCCの環境コンサルスタッフが実際に店内を確認させて頂き、最適な設置場所や設置個数もご提案させて頂きます。

新型コロナウイルスとの共存、いわゆるウィズコロナ・アフターコロナの時代に突入しましたが、今年は換気の重要性が増したことで、より一層、夏場の蚊対策もまた重要になると考えております。

FCCは、今後も皆様の健全な店舗運営を応援すべく、最適なご提案を続けてまいりますので、何かご不明点やご要望、ご相談がございましたら、お気軽にFCCまでご連絡くださいませ。

 

最後に、豆知識を一つ。

蚊は、新型コロナウイルスを運ぶのか?蚊を媒介として新型コロナウイルスは感染するのか?という疑問や不安を持つ方もいらっしゃるかと存じます。

結論として、蚊によって新型コロナウイルスに感染する可能性は、非常に低いということです。(参照:時事ドットコムニュースより)

世界保健機関(WHO)は、吸血昆虫の蚊が新型コロナウイルスを媒介する可能性があるという証拠は何もないとすでに発表しており、また6月25日にはイタリア・高等衛生研究所(ISS)は、「新型コロナウイルスは、感染した血液の吸血を通じて蚊に受け渡されると増殖できないことが、今回の研究で明らかになった」と説明しています。

蚊に刺されることで新型コロナウイルスに感染する可能性を排除しており、蚊が直接新型コロナウイルスの感染を拡大することはほとんどない、とされています。

しかし、蚊を防ぐために密室・密閉空間になることは避けねばならないため、今回のご提案をご紹介させて頂く運びとなりました。

それでは、引き続き株式会社FCCを宜しくお願い申し上げます。


富士山!

2024-02-22 [記事URL]

こんにちは!寒い日が続き感染症も流行っていますね。インフルエンザA型、B型、コロナなど小学校では学級閉鎖も起こっているそうです。人によっては、花粉症の季節でもありくしゃみや鼻水、鼻詰まり、目の痒みと辛い季節がやってきました。気温は、寒い日もあれば暖冬の影響で春先の陽気になります。

会社は、FCCは27期、るるカンパニーは13期と新しい期に変わり、心も一新して新しい目標を達成するべくスタートしています。やるべきことは、それぞれ違いますが向かう先は皆一緒です。社内が一丸となるべく、社内を取りまとめいけるよう日々計画に沿って進めていきます。

そんな気持ちの中、清掃で取引先のビルから見た富士山が余りにも綺麗だったので画像をアップしました!富士山の頂上に登り詰めるが如く楽しく明るく目標に向かって躍進して参ります!


ネズミの悪影響、侮るなかれ!

2024-02-21 [記事URL]

こんにちは!
お知らせの中の人です♪

ピッカピカのブースです!
これは何かというと、今月東京ビックサイトで開催された国際ホテル・レストラン・ショー2024に出展しました!
その会場設営直後の一枚です。

私たちFCCではこのように大規模な展示会に定期的に出展しています。
世の中のお客様は何を求めているのか、マーケティング調査と新たなお客様との出会いを楽しみにご案内しております。
ご参加・出展された方にとって実りあるものになりましたでしょうか?
展示会場で私たちを見かけましたらぜひお立ち寄りくださいね!

二次被害は何が怖い?

展示会場でお客様とお話をすると、「ケーブルをかじられて…」「食材がかじられた」なんてお声があがります。
店内にいるだけでも厄介なのに、余計な悪さをされてはたまったものではないですね。
そう、ネズミの怖いところは、様々な害を発生させるリスクがあることです。
大きく3つの被害に分類されます。
①衛生的被害
②都市機能の被害
③経済的被害

「①衛生的被害」は菌を媒介することです。サルモネラ菌を持って下痢や腹痛・発熱など食中毒を発症させてしまうのが怖いです。飲食店で食中毒は致命的になりますね。
「②都市機能の被害」はライフラインの影響です。歯を削るために電線やガス線の切断による停電や火災、コンクリートの壁や柱が傷むと修繕だけてなく建物の資産価値が落ちることも避けたいところです。
「③経済的被害」は上記のような被害箇所の修繕に関わる費用面がかかることです。駆除しなくて余計にコストをかけるのも痛い問題になりますね。

今度こそ、完全にいなくさせたい!

ネズミ壁もかじって侵入するほどですから、傷んだ箇所があるとさあ大変…
私たちは、侵入箇所の特定から効率的に、「個体数ゼロ」まで確実な施工を行います!

もちろん年間の保証つき!
ネズミでお悩みのお客様、お気軽にご相談くださいね♪

ネズミ駆除サービスのご案内はこちら


棚のキャスター

2024-02-17 [記事URL]




居酒屋の現場です。
コールドテーブル上に棚があり、周辺にゴキブリの少数の生息が見られました。
ご覧の通り棚の脚にはキャスターが付いており、移動出来る様になっています。但し、コールドテーブル上には他にも調味料や調理器具が置いてあり、恐らく殆ど移動はしていない様子です。 キャスター内部は溝になっておりゴキブリの巣になり易い場所です。予想通り中から数匹出てきました。

FCCでは現場の店舗の状況を考慮して巣になり易い箇所を特定し、
直接薬剤を施工する事で、駆除効果を高めてゴキブリゼロを目指しております。


27期

2024-02-11 [記事URL]

2月から27期が始まりました。

個人的に変化の大きかった26期が終わり、また新たな気持ちで、期の始めを迎えています。

年末年始に少し体調を崩してから、慌ただしい1月を経て、やっと日常が戻ってきた気がしています。

1日1日を積み重ねて、今期も着実に進んでいきたいと思いますので、今後とも宜しくお願い致します。


冬こそチャンス!ゴキブリを全滅させよう!

2024-02-08 [記事URL]

こんにちは!
お知らせの中の人です♪

2024年最初の投稿になります。
ご挨拶が遅くなりましたが、本年もどうぞよろしくお願い致します。
みなさまにとって実りある年になりますように。

先日の雪景色です。
みなさまは影響ありませんでしたか?
中の人は関係なく元気に動き回っておりましたよ!
関東の人にとっては慣れないから大変ですよね。
雪でいいなと思うことは、音が静かになるところです。
滔々と降りつもる中、街は活きてるけど音がない。この不思議な感覚が時々愛おしくなります

冬のゴキブリはどこいった?

夏場にたくさん昆虫を見ても、冬になったらパッタリと見なくなる…
昆虫たちの冬の過ごし方は、大きく3つに分かれます。
①温かい場所を探して動く
②寒さを我慢して耐えしのぐ
③寒さに耐えられず死んでしまう
ではゴキブリはどうなのか?

答えは① 「温かい場所を探して動く」ことをします。
ゴキブリは温かい場所や温度があまり変化しない場所を求め移動し、身を隠します。
特に冷蔵庫や電化製品の近くは、常に温かいため格好の住処になるんです。
基本的に、ゴキブリは冬眠をせず、わずかながらも動き生活しています。そのまま暖かくなるのを待っているんです。

冬になればゴキブリがいなくなるわけではないんですね。

見かけない今だからこその対策を!

寒くて活動が控えめになっているこの季節だからこそ、生息がある場所では一網打尽に、生息がない場所では今後の発生予防に!
その環境をつくるにはうってつけのタイミングです。

ゴキブリが好む温かい場所、冷蔵庫やコールドテーブルの内部、モーター部分といった場所に徹底施工をします。
習性を熟知した自社作業員が丁寧に作業し、1年間ゴキブリを見ない環境をご提供致します!
今のうちに対策して、ゴキブリのいない穏やかな春を迎えませんか

ゴキブリ駆除サービスのご案内はこちら


雪の日

2024-02-08 [記事URL]

みなさんこんにちは。

先日、関東でもついに雪が積もりましたね。
その日はちょうど内勤だったので事務所でぬくぬくしていましたが(笑)帰り道は過酷でした。

数年前、同じ2月に雪が降りました。
都内で10センチ以上積もる大雪です。
その日は都内に施工に出ていました。施工が終わり17:00頃、車に戻ると雪に埋もれています。

でも、なんとかして帰りたい。せめて明日の現場近くの寒さを凌げるところに…

覚悟を決めて車を出しました。
ギアをローに入れてひたすら20キロで進みます。ナビがないと不安な道だったのですが、ナビが示す道は茨の道。絶対に進めません。
勘を頼りに迂回を繰り返して、何とか横浜に到着しました。
車を走らせて5時間です。
帰れないと悟ったので、せめて次の現場近くに行こうと思い、さらに2時間走らせました。

次の日も無事施工を行い、家に帰ってくることができました。

そんな昔のことを思い出しています。


トコジラミ

2024-02-06 [記事URL]

ついに雪ですね。寒い寒い。

と言っても、人間の快適な温度に保たれた屋内に住む害虫には関係ありません。

今回訪れたお宅ではトコジラミの生息に悩んでおりました。

近年、ホテルなど不特定多数が入れ替わり訪れる施設だけではなく、そういった施設から自宅に持ち帰ってしまい繁殖するケースが増えております。

そして、写真の様にカーテンの隙間やその他では畳の隙間、絨毯の隙間、ベッドの裏…、様々な場所で生息します。

刺されて、病院にかからなくてはいけなくなったりと何かと厄介なトコジラミ。

皆様の周りで被害が出始めていたりしたら、至急調査だけでもお勧めいたします。


気持ち新たに

2024-02-01 [記事URL]



1月の末、FCCにとっては特別な意味があります。

2月から期が始まるFCCでは期の終わりに当たります。来期の経営指針の発表を行なっております。

ただ上の人から『これやっていきますよ〜』という形ではなく、毎年10月頃から社員主導で決めてきた事の発表を社員による社員の為の発表会です。

終わって親睦の為に飲んで…

続いて社員旅行で飲んで…

毎年いい事も悪い事も色々ありますが、一年の締めくくりは楽しく締めて、気持ち新たに新しい期に臨みます。

よし、頑張るぞ。


コールドテーブル下ゴミの中

2024-01-27 [記事URL]





居酒屋の現場です。
コールドテーブル下のゴミの中ににゴキブリの生息がありました。
コールドテーブルと云えば、厨房内で最もゴキブリの巣になり易い場所です。更にゴミが加われば、ゴキブリのとっては最強の棲家、お城の様なものです。
仕込みや営業中に床に落下したラップ等のゴミは空調の流れによって什器下へ。什器下の配管等に複雑に絡み合い、水を撒いただけでは洗い流せません。残ったゴミへ更に追加でゴミが絡み合い増殖。 ラップのゴミは肉汁等が付着しており、エサになると共に外部からの水や殺虫剤からも防御してくれます。
更にコールドテーブルの熱源に近く暖かく最適な棲家です。

FCCではまず、このゴキブリの生息源であるラップやビニール類、紙・布類のゴミを可能な限り徹底的に除去します。掃除の業者ではありませんが、これが基本作業となります。 ゴミをなくす事により、オリジナルベイト剤(食毒剤)の喫食をより促す効果があり、駆除効果を高めてゴキブリゼロを目指しております。


出てくるもの

2024-01-25 [記事URL]

最近出てなかった四十肩が発症してきました。

適度に筋トレをしていたおかげか、ここ数年調子が良かったのですが、年末年始の不摂生や運動量も少なくなってしまった為か、もう1週間近く痛いです。

まだ程度は軽い方なので、あまり生活に支障はないですが、逆に肩が痛くて、トレーニングする気が起きません。

そんなこんなで、年齢的に色々不調が出てくる様な肉体になってきましたが、特に出てくるのが「腹」です。

もう動かないのに、食べる量だけは学生並かそれ以上な為、食欲に比例してお腹が大きくなります。

今年も始まったばかりです。
元気でいる為にも、腹八分目で頑張れるようにしていきます。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME