害虫に関する豆知識 - ゴキブリ駆除のプロ集団FCC

HOME > 害虫に関する豆知識

know_title.gif

ゴキブリネズミチョウバエアリハエノミダニ

know_m01.gif

know_sen.gif

know_m01_1.gif
know_gokiburi.gif
ゴキブリの種類は現在世界で約3500種が知られており、まだ分かっていない種類も合わせると、実際には4000種をはるかに越えると考えられています。

チャバネゴキブリ
know_waku_sen.gif
体長10mm~15mm
黄褐色、胸部に2本の条紋がある。

クロゴキブリ
know_waku_sen.gif
体長30mm程度
全体が光沢のある黒褐色。夜間、光を求めて室内に飛び込んで来る。

ヤマトゴキブリ
know_waku_sen.gif
体長20~30mm
黒褐色
クロゴキブリより
スリム。

ワモンゴキブリ
know_waku_sen.gif
体長40mm
褐色で胸部に一対の淡黄色の紋がある。

know_m01_2.gif

know_waku2_t.gif○雑食性で何でも食べる
   ...穀物、野菜、果物、魚、肉などの食物の他、ノリや髪の毛、
    死んだ昆虫、仲間の死骸までも食べる。
○熱帯性の生き物なので、暖かい所を好む。
○隙間など、狭い場所が好き。

このため、ゴキブリはこのような場所を好みます。
・清掃行き届いておらず、餌となるゴミや汚れの多い場所
・隙間なく器物や器材が詰められた環境や、壁一面のボトル棚など、掃除のしにくい場所
・年間を通して動かすことのない物が多く、衛生不十分な場所

know_m01_3.gif

クロゴキブリなどは夜間に燈火に誘引され飛び込んでくることもありますが、一般にゴキブリは飛翔能力が低く、移動手段はもっぱら歩行によります。

下記に付着、生息していて侵入

・業者が持ち込む食材・備品・酒類のケース及び搬送器具
・他店舗からの什器の移動
・中古什器の購入

侵入know_yaji_r.gif

・冷蔵庫の機械部分やドアのゴムパッキン
・コールドテーブルの裏側
・コーヒーブレンダー
・電子レンジ
・ダクト部分の天井裏
・調理食品保温台
・レジ周辺部
・床や壁面の裂け目
・ゴミ箱の裏    ・・・等

▲PageUP

know_m02.gif

know_sen.gif

know_m02_1.gifknow_nezumi.gif
現在、日本にいるネズミは約32種です。財産上、健康上被害を与える屋内性のネズミとしてドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミが知られています。

ドブネズミ
know_waku_sen.gif
体長22cm~26cm
毛色は背面が褐色、腹面が白色
生息場所:人家の床下、側溝、下水溝、地下道など水気の多い場所

クマネズミ
know_waku_sen.gif
体長15cm~23cm
毛色は背面が褐色、腹面が黄褐色がかった白色。
生息場所:人家の天井やビルの上層階

ハツカネズミ
know_waku_sen.gif
体長6cm~10cm
(左記2種に比べれば被害報告は少ない)

know_m02_2.gif

ネズミの害は大きく分けて衛生上の害と経済上の害があります。営業者の場合は、実害だけでなく対面上の問題等の痛手も大きくなります。
衛生上の害・サルモネラ菌郡により引き起こされる食中毒
・ワイル病(出血性黄疸)、鼠咬症、腎症候性出血熱 など

経済上の害・施設、電信関係の被害
   ...健材や家具をかじられる。ケーブル等をかじられることによる電車
     のストップや、電話回線の混乱など。
・食品等の害
   ...食品の害は、かじられた量だけでなく、かじられたことによりその
     食品を捨てなければいけないという問題がある。

家ネズミの寿命と繁殖
種別 寿命 繁殖可能期間 妊娠期間 年間分娩回数 1回の産子数
ドブネズミ 約3年 生後3ヶ月~2年 約21日 5~6回 平均約9匹
クマネズミ 約3年 生後3ヶ月~2年 約21日 5~6回 平均約6匹
ハツカネズミ 1~1.5年 生後35日 17~20日 6~10回 平均約6匹

▲PageUP

know_m03.gif
know_sen.gif
know_m03_1.gif
チョウバエは、ハエより蚊に近いチョウバエ科の害虫で、世界に約300種が知られています。昨今問題になっているものではオオチョウバエ(体長3mm前後)とホシチョウバエ(体長1.3mm~2mm)が知られています。
know_m03_2.gif
幼虫は汚物食性で、浄化槽、厨房の下水溝などの不潔な場所に大発生するため、衛生上の問題は大きいと言えます。成虫は室内に侵入し、便所、厨房、浴室にいて不快感を与える上、発生場所からして病原体を伝播する可能性もあります。また、食品工場などでの混入異物の虫としても問題となっています。

▲PageUP

know_m04.gif
know_sen.gif
know_m04_1.gif
know_ari.gifアリは現在日本に約150種がおり、その多くは社会生活を営んでいます。腐朽した木材に巣をつくるオオハリアリ(体長4mm~4.5mm・黒色または黒褐色)やトビイロシリアゲアリ(体長3mm~3.5mm・黒色または黒褐色)、地中に住むオオズアカアリ(兵アリの体長4mm~5mm・暗赤褐色)などがいます。
know_m04_2.gif
アリには、食物に集まってくるだけでなく、人を刺したり咬みついたりという被害があります。
刺される被害として最も知られているのが前述のオオハリアリで、毒針が発達しており、刺されると痛みがあります。このほか、オオズアカアリは発達した大あごで咬みつき、トビイロシリアゲアリ尾端から毒液を出します。

▲PageUP

know_m05.gif
know_sen.gif
know_m05_1.gif
蛾は蝶の仲間で日本に約3500種がおり、その中で、限られた数ではありますが毒をもつ蛾もいます。有毒蛾として、ドクガ(幼虫:体長30~40mm、黒色に橙色の斑紋、成虫:翅を広げた体長30~40mm、濃黄色、中央部に帯状紋)やチャドクガ(翅を広げた体長25~30mm、雌は黄色で黒褐色の斑紋と細い黄色のすじが2本、雄は黒褐色または黄色)がいます。
know_m05_2.gif
ドクガやチャドクガには微小な毒針毛があり、庭仕事や屋内に飛来した成虫を追い出すときなどに触れ、かゆみとハレを伴う皮膚炎を生じるという被害があります。

▲PageUP

know_m06.gif
know_sen.gif
know_m06_1.gifknow_hae.gif
ハエの種類は場所や扱う食品で異なるため特定はしにくいものですが、目立つ種類としては、イエバエ(大型の成虫で体長8~15mm・黒色)、キンバエ(体長7~10mm、金緑色)、チョウバエ(体長4~5mm、灰黒色)などがいます。
know_m06_2.gif
ハエの発生源は広範囲にわたり、植物・動物質等さまざまな有機物から発生します。発生または侵入により、不快感を与えるうえに、食中毒菌を媒介することもあります。ハエは人を刺したり咬んだりしないため一般的は不快害虫のように思われていますが、ハエは不潔な場所を飛び回り糞や汚物も食べるので、それらと一緒に食中毒を起こす菌などを持って運ぶ可能性があり、衛生害虫として分類されます。

▲PageUP

know_m07.gif
know_sen.gif
know_m07_1.gifknow_ka.gif
日本には100種類程の力が生息しており、一般に問題とされる代表的な蚊はアカイエカ(中型で赤褐色)とヒトスジシマカ(小型で黒く、背板に白い線が1本)がいます。また、ビル環境において増加が予想されるチカイエカがいます。
know_m07_2.gif
カの被害はやはりヒトを刺すことです。アカイエカは屋内でもっとも見られる蚊で、夏の夜に耳元にやってきます。ヒトスジシマカは昼間に庭や墓地などで刺す蚊です。また、チカイエカは冬でも発生してオフィス街で吸血します。

know_m08.gif
know_sen.gif
know_m08_1.gifknow_nomi.gif
日本には約80種のノミが記録されています。そのなかで人間と密接に関係して被害をもたらし問題になっているのはネコノミ(体長1.5~3.5mm、黒褐色)、次いでイヌノミです。その名前からするとネコノミは猫に、イヌノミは犬に寄生すると考えがちですが、実際は両種が犬と猫の両方に寄生します。特にネコノミは適応範囲が広く、犬への寄生が普通に見受けられ、また人間への寄生も認められています。ノミは人間や動物の体に付き、動物の巣、寝床、休息場所や、塵の中で繁殖します。
know_m08_2.gif
ノミの害は体に付き刺すことと、それに伴うかきむしりたくなるほどの痒みや皮膚炎です。 ペットへの害としては、刺咬と吸血を受けた部位の皮膚炎のほか、アレルギー性の皮膚炎もあります。

▲PageUP

know_m09.gif
know_sen.gif
know_m09_1.gifknow_dani.gif
日本には約1800種のダニがいます。大きさは、0.1mmから大きなもので10mmのものまであり、多種多様の環境で生息しています。畳にわくコナダニ、ヒョウヒダニやツメダニ、ネズミに寄生するイエダニ、山林に生息するマダニなどが知られています。
know_m09_2.gif
室内で比較的数が多いヒョウヒダニは、その糞や死骸がアレルギーのもととなり気管支喘息や鼻炎、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を引き起こすことがあります。ツメダニの被害は築後2~3年目の集合住宅に多く見られ、刺された瞬間は気づかないが、1~2日たつと赤く腫れて痒みが起きます(遅延性のアレルギー性皮膚炎)。

▲PageUP


お問い合わせ

PageTop



神奈川のゴキブリ駆除集団FCC。関東・静岡対応いたします。

ゴキブリ駆除のプロ集団 株式会社 FCC
〒251-0043 神奈川県藤沢市辻堂元町4-3-32
TEL : 0466-31-3164 FAX : 0466-31-3174