コバエ

tel:0120-60-1064

コバエ

2011-09-29

コバエとは、ハエの中でも体長が2mm・3mmと非常に小さなハエ類の総称となります。
該当するハエの代表として、チョウバエやショウジョウバエ、ノミバエなどが挙げられます。
FCCではこれらコバエ類の生態や習性から、常により効果的な駆除・防除を考えております。
ここではコバエの生態や習性について一部ご紹介致します。是非ともご参考になさって下さい。

コバエは澱んだ水や不潔な場所から発生する

コバエ類は澱んだ水や汚泥など不潔な場所で繁殖し、発生します。
清掃などの際に溜まったまま澱んでしまった水や汚泥(スカム)が発生源となる為、屋内の浄化槽や排水溝、下水溝が発生原因の場所となる可能性が高いと言えます。

コバエによる被害とは

コバエの幼虫は汚物食性で、浄化槽、厨房の下水溝などの不潔な場所に大発生する為、衛生上の問題は大きいと言えます。
成虫は室内に侵入し、便所、厨房、浴室にいて不快感を与える上、発生場所からして病原体を伝播する可能性もあるだけではなく、食品工場などでの混入異物の虫としても問題となっています。
また、幼虫が人の泌尿生殖器や消火器、気道、瞼などに寄生し、ハエ症(皮膚に痒みを伴う硬いしこりが出来たり、潰瘍や重い外耳炎などを引き起こす)を発症するケースもあります。



PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME