キッチン周りのゴキブリ駆除対策 5つのチェックポイント!

VISA mastercardUnionPaytel:0120-60-1064

キッチン周りのゴキブリ駆除対策 5つのチェックポイント!

キッチンの侵入場所、隠れ場所となるシンク下の戸棚の隙間や戸棚内、排水口や換気扇などの要注意ポイントを要チェック!

【今回は、「キッチン周りのゴキブリ駆除対策」についてお話をさせて頂きたいと思います。気温もだんだん上がってきており、ムシムシと湿気を感じる日も多くなって参りました。雨の日も多く、いよいよゴキブリが大活躍する季節到来!!!といった感じであります。気温があがると、ゴキブリの生存率も繁殖力もあがりますので、気が付いたらゴキブリが大量に発生していた!!!なんて事態が起こってしまいます。そうなると、“夏”という季節も後押しして、大量発生を抑え込むまでにけっこうな手間がかかってしまう可能性があります。ですから、早めの対策、普段からの対策が大切になってきます。特に水周りであるキッチンは、湿気が溜まりやすいですし、ゴキブリがエサとする、生ゴミや食材などが豊富に置かれてしまう場所でもあります。侵入場所、隠れ場所となるシンク下の戸棚の隙間や戸棚内、排水口や換気扇などの要注意ポイントもあります。是非、今回のコラムを読んで、これからのゴキブリ対策に役立てて頂ければと思います。】

1.この時期は特にキッチン周りにご注意!

ゴキブリの本格的な季節がやって参りました!!既にゴキブリの被害に遭われていらっしゃる方も多いのではないでしょうか!?湿気と気温が上がるとゴキブリが元気になりますのでこの時期のゴキブリ対策は、いつも以上に徹底的に行っていきましょう!!

ではさっそくではありますが、この時期のキッチン周りのゴキブリ対策についてお話をさせて頂きたいと思います。ご家庭でも飲食店様でもキッチン周りは、ゴキブリが多く生息しやすい場所となっております。

なぜかと申しますと、キッチン周りには水気が多く、湿度もあり、ゴキブリのエサとなる、生ゴミや食べ残し、食べカス、食材、油汚れなどがあり、ゴキブリの居心地のいい場所になっているからです。

また、侵入口も排水溝や換気扇、窓の網戸、シンク下も隙間が空いており、外と繋がってしまっている箇所がございますと、ゴキブリの侵入口となってしまいます。ただでさえ、ゴキブリの生息が多いキッチンであります。

気温が上がってまいりますと、ゴキブリの生息がかなり多くなってきてしまいますので、外からの侵入の危険度ももちろん増しますし、一度侵入されてしまうと、居心地のいい場所を見つけ、エサが豊富にあれば、あっ!!!という間に、ゴキブリの大量発生を許すことになります。

また、水周りもこの時期は、ぬめりやカビも生えやすくなります。こまめにお掃除をしていないと、すぐに汚くなってしまいますよね。ゴキブリは雑食性ですので、そうした汚れ、カビなどもエサにしてしまいます。

ですから、ゴキブリの寿命を延ばす手助けをしている事になりますよね。また、ゴキブリは水がないと生きていけません。シンク周りを水浸しにしたまま放置していたり、食器の洗い残しを水に浸けたまま放置したりしていると、ゴキブリが水を求めてゴソゴソと夜中に集まって来やすいです。注意致しましょう!!

それから、食器棚やシンク下の棚も、モノを詰め込んで閉めきってしまいますと、湿気がこもってしまい、ジメジメしてしまいます。そうすると、ゴキブリは湿気が大好きなのでそこに棲みつく可能性が高まります。
また、モノを詰め過ぎる事によって、人の死角となり身を隠しやすくなるのと、掃除が行き届きにくくなるので、ホコリやゴミが溜まりやすくなってしまいます。ゴキブリは、ホコリやゴミさえもエサにしてしまいますので、大量発生の手助けをしてしまう事になりますよね。収納スペースは、物を10割埋めてしまうのではなく、8割程度にしましょう!!

また、ゴキブリは集団で生息する習性がございます。一匹がそこに棲みつくと、ゴキブリがフンをした時に、フンの中に含まれる集合フェロモンがニオイを発し、そのニオイを嗅ぎつけて他のゴキブリを呼び寄せるというサイアクな現象も起こってしまいます。

小さなブラックペッパーのようなフンをもし見かけたら、すぐに片付けましょう!!!食器に付いてしまったり、お食事に混入したりしたら最悪ですよね!!そうならない為にも、ゴキブリの侵入を許さない、万が一侵入してしまっても少ない段階で駆除する!!

増やさない!!!徹底的に駆除する!!!これらを強く意識して下さいね。ゴキブリが大量発生しやすい時期ですし、活動も活発になり、動きも元気になります。そんなゴキブリがうじゃうじゃいる所を見てしまったら、すごく気持ちが悪いですよね。恐怖ですよね・・・。

トラウマレベルになります!!!もし、ご自分での対策に不安がありましたら、是非、プロの駆除業者、株式会社FCCにお気軽にご相談下さい!!特にこの時期が、早急な対応が求められますので、プロに任せた方が安心かと思います。

2.キッチン周りの生ゴミ対策!

さて、今回はゴキブリが大量発生するこの時期に特に注意したいキッチン周りのゴキブリ対策についてお話させて頂いております。キッチン周りにはゴキブリ駆除対策で気を付けたいポイントがかなりございます。

その中でもあのいや~な悪臭を発する生ゴミについてお話させて頂こうかと思います。生ゴミはただでさえ放置しておくと何かと良くないゴミですが、特にこの時期ですと特に扱いは気を付けなければなりません。

気温や湿気であっという間に、モワ~ンと強い悪臭を放つだけではなく、ゴキブリのほか、この時期ですとコバエなどの発生にも繋がってしまいます。エサを垂れ流しにするという事は、ゴキブリを応援している事に繋がってしまいますよね!!!

ですから、絶対に生ゴミを放置しないで下さい!!!それでは、さっそく生ゴミ対策をご紹介させて頂きましょう!!!まず、生ゴミは雑菌が繁殖する事によってニオイが発生するそうです。

生ゴミの雑菌を増やさない為には、なるべく水気を無くす事だそうです。袋に水気を多く含んだままビニールの袋などに入れてしまうと、ニオイが発生しやすくなりますし、そのまま密封して放置してしまいますと、さらにニオイもこもってしまいます。

また、排水口に生ゴミを溜めている方も要注意です!!シンクの水を使う度に生ゴミが水にさらされてしまいます。また、排水口は場合によっては、排水管からゴキブリが上がってくるなどして、侵入口になる事があります。

排水口には生ゴミを溜めないで、排水管から万が一ゴキブリが上がってきてしまっても侵入させないように、排水口用のフタか網目の細かいゴミ受けやネットなどで侵入を防ぎましょう!!

また、三角コーナーを使用している場合も水切りネットを使用してなるべく水気を切る事と、三角コーナーの底をかさ上げすると、水を流した時に浸からないのでさらに効果的です。また、様々な水切りグッズも売っておりますし、空き瓶の底やスプーンの裏などで押したりして水気を絞りましょう!!!

また、切った野菜などは、新聞紙にくるんで水気をとって捨てるのも一つの手ですね。生ゴミの水分を新聞紙が吸い取ってくれ、腐りづらくなると共に、新聞紙のインクで消臭効果もあるそうです!!

それから、キッチン用の生ゴミ用の消臭スプレーを使用したり、乾かしたコーヒーかすを生ゴミに振りいれたりすると、ニオイが和らぐそうです。お酢や消毒用エタノールを少量振りかけたり、重層を振りかけるのも効果的だそうです。

また、生ゴミはよく水を切った後、袋に密閉し冷蔵庫や冷凍庫に入れる方法もあります!!!こちらは、一見不衛生に思えるかもしれませんが、密閉してしまっているのでそのあたりの感覚は慣れもありますし、低温で保管しておりますので、ニオイもしません!!

そして、ゴキブリに触れるリスクも減ります。是非こちらの方法はオススメですので、一度お試し下さいませ!!!

3.一般家庭のキッチン周りの対策!

ジメジメ、ムシムシ湿気が多く暑い日が続く時期というのは、ゴキブリが大好きで最も生き生きする季節です。繁殖力も生命力も最強になります!!!この時期に衛生管理やゴキブリ対策を怠ってしまいますと、かなり危険な事になります!!!

普段、「全然ゴキブリなんて見ないわ~♪」という方のお家にも、暑い時期になると、「やだっ!!!これゴキブリっ!?!」なんていきなりのヤツの登場に疑いの目を向ける事も出てくるようになります・・・。

是非この時期には普段よりも一層の努力をしてゴキブリを発生させないように頑張りましょう!!!さて、では一般の家庭のキッチン周りのゴキブリ対策をご紹介していきましょう!!!まず一番大事なのは、ゴキブリを侵入させない事ですよね!!!

ゴキブリが侵入しなければ、ゴキブリが居座って生息し、繁殖し、大量発生する事もない訳です。まずは、一般的なご家庭のゴキブリの侵入口をご確認致しましょう!!!ゴキブリの侵入口になり得るのは、やはり外と繋がっている場所です!!!

人が出入りする玄関・ベランダの窓・玄関のポスト・窓や網戸の隙間・換気扇・通風口・排水口・排水管を通す穴・エアコン・エアコンの通し穴・排水管などがあります。それか人や物により運ばれて来て、侵入してしまう場合があります!!!

人の荷物にゴキブリが入り込んでしまった・人の衣服に付いていた・宅配便などの荷物にゴキブリが混入していた、もしくは卵が産み付けられていた(ゴキブリはダンボールを棲み家にするので、卵を産み付けられる事が多々ある)・購入した家具、家電などにゴキブリが潜んでいた、もしくは卵が産み付けられていた、などの原因でゴキブリの侵入を許してしまう場合があります。

こういったパターンは、なかなか防ぐ事は難しいですが、家に入る前にゴキブリが荷物に入り込んでいないか、荷物に卵らしきものが付いていないかなどのチェックをするだけでも気づける確率が上がると思います!!!

さて、侵入経路をチェックできたら、いよいよ本題!!!キッチン周りのゴキブリ対策なのですが、先ほど言った侵入経路の中に、排水口と排水管の穴、換気扇、窓や網戸の隙間とお伝えさせて頂きましたが、こちらはキッチン周りにありがちなものになりますよね。また、シンク下の棚の隙間などが外と繋がってしまっている場合でもゴキブリの侵入口になります。まずはこちらの侵入口を目視や手で触ったりして確認してみましょう!!!隙間があれば、テープなどでしっかりと塞いだりなどの対処をしましょう!

排水管の穴も侵入口や巣になってしまう可能性がありますので、防水パテやガムテープで塞ぎましょう!!また、排水口に関しては、排水管からゴキブリが侵入してくる可能性がありますので、排水口のフタをするか、ネットで塞ぎましょう!!

それか、排水管の作りが、水が貯まるタイプのものであれば、ゴキブリの侵入を防げるのですが、そうでない作りの排水管だった場合は、思い切って変えてしまうのもオススメです!!!

また、キッチン周りに窓がある場合の注意です。窓を開けて換気をする事はとても大切ですが、網戸をしないのは言語道断ですし、網戸をきちんとした場合でも網戸に穴が空いている場合もありますし、少しの隙間が空いている場合もゴキブリが侵入して来てしまいます!!

網戸の穴を塞ぐテープも販売されていますし、網戸の隙間を塞ぐ、隙間テープも販売されております!是非、活用して下さいね!換気扇は止めてしまうとゴキブリの侵入口となってしまいます。

特にこの時期は、湿気がこもらない為にも、可能でしたら回し続ける事をオススメ致します!!回している分にはあまり侵入される事はないと思います。もしくは、換気扇専用のフィルターをすれば、侵入を防ぐ事ができます!必ずフィルターを付けましょう!!

また、こういった侵入口にゴキブリの嫌いな香りを漂わせる事もオススメ致します。ゴキブリが嫌いな香りとは、レモンなどの柑橘系の香りや、ハーブやミントなどの香りです。レモン汁を霧吹きに入れて吹きかけたり、食器用洗剤の香りを柑橘系やハーブやミントの香りにするなど、色々と工夫してみましょう!!!

また、キッチン周りのゴキブリ対策で基本中の基本は、ゴミを溜めたり放置しない事ですね!!!特に生ゴミや食べかすがちょっとでもあれば、ゴキブリのエサになってしまいます。

毎回シンクを使用したあとはシンクを綺麗に洗い、ピカピカに磨くぐらいの気持ちで衛生管理は頑張りましょう!!また、水浸しになったシンクは、ゴキブリに水を与えてしまいます!!

ゴキブリは水が無いと生きていけませんので、こういった水しぶきなども乾いた布巾で毎回こまめに拭き取るようにしましょう!!食べ残しや、洗い物も次の日まで洗わないなどはせず、大変ですが、その都度洗い、できれば食器は水をきちんと拭き、食器棚に収納する所まで頑張りましょう!!

ゴキブリのエサとなる、パンくずや、調味料や油なども気を付けて下さいね!!これらを、外に出しておくとゴキブリが寄って来ます。調味料である醤油やお酒、ソースなどは、液だれに注意し、綺麗に使うようにしましょう!!!

それか、タッパーなどの密閉容器にしまったり、冷蔵庫にしまってしまいましょう!!!また、玉ねぎやじゃがいもなどの野菜を冷蔵庫にしまわずに、外に置いていらっしゃる方がいますが、それはやめて下さい!!

玉ねぎはゴキブリの大好物になります。食材を外に置いておく事は、ゴキブリをおびき寄せてしまいますし、エサを与えてしまう事になりますね。十分に気を付けて下さい!!食器や調理器具や食材など、物をあまり置きすぎないようにし、風通しを良くし、掃除が十分に行き届くようにしましょう。これが鉄則です!!!

4.飲食店の厨房内のゴキブリ対策!

続いて、飲食店様のキッチン周り、つまり厨房内のゴキブリ対策のお話をさせて頂きたいと思います。飲食店様の厨房内というのは、一般家庭のキッチンよりもより汚れやすく、ゴキブリの生息がかなり多いでしょう!!!

被害に遭うとなかなか収まらず、お忙しい皆様をかなり困らせる存在!!!それが、飲食店様に生息するゴキブリなのです!!!飲食店様はゴキブリが生息しやすいのですが、それは飲食店様同士が密集している場合が多いという事もありますし、人の出入りが多いというのもあります。

ゴキブリのエサとなる食材や生ゴミが多く出るのもありますし、食材などの納品の際に、荷物にゴキブリが混入していたり、ダンボールにゴキブリの卵が付いていて運ばれて来てしまう可能性も高くなるからです。

ですから、飲食店様の場合は本当に本当にゴキブリ対策には力をいれなければなりません!!!それでは、さっそく飲食店様の厨房周りのゴキブリ対策のご説明に入ります。

まず、こちらは一般家庭でも同じ、どの場所でも基本中の基本なのですが、衛生管理を徹底する事です!!!特に飲食店様は、扱う食材の量も調味料も多いですし、生ゴミや普通に出るゴミもかなり多い事と思います。

これらのゴミや汚れを放置してしまう事によって、ゴキブリが棲みやすい状況を作ってしまう事になります。特にコールドテーブルの下や、什器下にゴミが溜まってしまっている店舗様が非常に多いです!!!

こちらを気付かずに放置してしまいますと、ゴキブリのエサとなり、棲家となり、繁殖場所となり子供がたくさん産まれて来てしまいます!!!そうならない為にも、ゴミは常に掻き出し溜まらないようにしましょう!!

それから、生ゴミや食べ残しですね。こちらも、大量に出てくるのは分かりますが、なるべく生ゴミは水気を切り、乾燥させた状態で捨てて下さい。ニオイが発生しにくくなります。新聞紙などに包むのもいいでしょう。

大きなゴミ袋にまとめる際も、フタ付きのゴミ箱に入れるといいでしょう!!決して封を開けたまま放置しないで下さいね。また、食べ残しや汚れた食器はなるべくすぐに片付けて下さい。

また、油汚れも大量に付きやすいのが飲食店様です。床もベタベタしやすいので、汚れがこびり付いてしまいます。油汚れ専用の強力洗剤などできちんと汚れを落としましょう!!!

また、換気扇やコンロ周りなどの油汚れもゴキブリのエサとなります。特に、換気扇は専用のフィルターなどを付けていないと、ゴキブリの侵入口となってしまいます。そこに油汚れが付いておりますと、どんどんゴキブリをおびき寄せてしまいますよね。

しっかりとキレイにしておいて下さいね。また、調味料や油は液だれに注意をし、こまめに布巾などで拭きましょう!!お忙しい時は仕方がないですが、営業時間が終わったら調味料や油などは、密閉容器か冷蔵庫にしまっておきましょう!!!

シンクや調理台の上も、汚れカスや水滴が溜まりやすいです。こういったものもゴキブリのエサとなりますので、しっかりと専用の洗剤などを吹きかけ、汚れを毎日落としましょう!!常にピカピカのイメージでお願い致します。

水もゴキブリが生きていく為に、絶対に必要ですね。水に寄って来てしまいますので、特に営業後の人がいなくなる時間が要注意ですので気を付けて下さい!!!しっかりと水気を拭いて帰って下さいね!!!

そして、食材を出しっぱなしにしない事にも注意して下さい。飲食店様は、業務用冷蔵庫の裏やモーター内部、コールドテーブルのモーター部などにゴキブリが棲みつきます。機械のモーター部などは、熱源になっているのと、死角になっているので人目を逃れられるので、ゴキブリの居心地のいい場所になっております。

こういった場所は、なかなかご自分の手で駆除をする事は難しいかもしれませんので、プロの業者に頼むのが一番ですが、ゴキブリホ○ホ○などのトラップを、近くに仕掛けるだけでも、ゴキブリを捕える事ができるかもしれません。

また、大量発生する前に、こうしたトラップを仕掛けゴキブリの生息があるのかを調べるのもいい対策です。もしゴキブリが捕まっていたら、すでに大量発生の可能性がありますので、例えばホウ酸団子や、お店がお休みの日に、燻煙剤などを仕掛けて駆除をするなどした方がいいでしょう。

ただ、食材を扱っておりますので、燻煙剤などの扱いには注意が必要ですね。それから、飲食店様は食材の納品の際にゴキブリとゴキブリの卵が侵入する可能性が高くなるので、届いた荷物をくまなくチェックするようにしましょう!!!

ゴキブリはダンボールを棲家にする事が多いので、特にダンボールに卵が付いていないか見て下さいね。ゴキブリの卵は1センチほどのカプセルのような形をしています。そして、空いたダンボールを長期間放置しないようにしましょう!!!

ダンボールの隙間にゴキブリが棲み出す可能性があります。これらの事を飲食店様は注意して頂いて、ゴキブリ対策を行って下さい!!!ただ、この暑い時期にゴキブリはかなり手ごわく、発生する数も相当なものです。特に飲食店様はお客様商売ですので、ゴキブリが大量発生しているお店はかなりのイメージダウンに繋がってしまいます・・・。

ですから、この暑い時期にゴキブリの生息を許してしまったとしたら、悪い事は言いません。すぐにでも、プロの業者に依頼するのが、賢明かと思います!!!その際は、是非株式会社FCCへお気軽にご相談下さい!!!

5.キッチン周りを清潔にすれば、他の害虫駆除にもなる!

今までこの暑い時期のゴキブリ対策として、キッチン周りの対策や、生ゴミの対策をお話させて頂きましたが、この対策は夏に増える他の害虫・害獣の対策にも効果的であります。
例えば、暑い時期に増えてくる、コバエやハエやアリ、そしてネズミなどです。

こちらもキッチン周りで困る存在だと思います!!!生ゴミを放置しないだけでもコバエやハエやアリなどは減らせるのではないかと思います!!!やはり、こういった害虫や害獣などもニオイによって呼び寄せられますし、実際にそこにエサがある訳ですから、生息していきますよね。

今回お話した事は、ほぼ他の害虫・害獣の侵入口を塞ぐものとなると思います。また、衛生管理、食材・調味料の管理をする事も他の害虫・害獣の予防になると思います!!!ですから、全てに繋がると思って頑張りましょうね!!!

市販の駆除剤やグッズなども販売されていると思いますし、もし被害に遭ったらご自分で対策する事も可能ではありますが、やはりプロの駆除業者の方が頼もしい事は確かです。薬剤を塗る場所や、生息場所を熟知していますので、的を得た駆除を素早く行えます!!!

特に弊社、株式会社FCCは、人にも環境にも優しい、ノンケミカル・レスケミカルのオリジナルのコーキング剤を使用しておりますので、強力な薬剤を散布する駆除方法ではございません。

ですから、一般のご家庭でも、食材を扱っている飲食店様でも、安心してご利用頂けると思います!!!ゴキブリ、またはその他害虫・害獣にお困りのお客様は是非、株式会社FCCにお任せ下さいね!!!精一杯、駆除させて頂きます!!!


業種別の対策方法



※クレジットカード決済に対応しています。


コメントを残す

*

PAGE TOP






MENU

CONTACT

TEL
HOME