新型コロナウイルス対策!殺菌消毒サービス実施のお知らせ

tel:0120-60-1064

新型コロナウイルス対策!殺菌消毒サービス実施のお知らせ

2020-03-13

お客様各位

平素は格別のお引き立てにあずかり、ありがたく厚くお礼申しあげます。

昨今の国際状況では新型コロナウイルス感染症の拡大に対応する施策が必要とされております。
そこでこの度、弊社では新サービスを開始致しましたので、こちらにてお知らせいたします。

新サービス「殺菌消毒」

新型コロナウイルス拡散拡大の防止ならびに、発生後の迅速な殺菌消毒対応として、「殺菌消毒サービス」をはじめました。

ウイルスに感染しない状況を作り上げることはモチロンのこと、万が一発生してしまった場合でも、迅速に殺菌消毒作業を執り行い、そして1日でも早く安全な環境を取り戻すことが、何よりも重要ですので、是非 飲食店・工場・会社・幼稚園・保育園・介護施設などで取り入れていただければと思っております。

次亜塩素酸並びに安定化二酸化塩素の噴霧作業
自然物質からなる抗菌・除菌F-118の散布作業

こんな方へおすすめ
■現状をリセットして、まずは安心な空間を作りたい
■来店のお客様に除菌したことを伝えたい(コロナ対策アピール)
■予防策として付着した菌を取り除きたい
■従業員に安心してもらうために行いたい

【発生後の場合・・・】
■ 新型コロナウイルスの罹患者が店内・室内で発生した
■ 営業再開に向け、屋内の迅速な殺菌消毒作業を行いたい
■ 医学的根拠のある殺菌消毒サービスを行い、お客様にも従業員にも安心してもらいたい

ここ1~2週間の間にお客様から「仮に新型コロナウイルス感染者が出たら殺菌消毒作業はしてもらえるのか?」という問い合わせを頂くことが多くなりました。
詳しくお聞きすると、専門業者を色々探したが「新型コロナウイルス菌に関する作業は一切行っていない」という回答が多く、「もしもの事があった場合にどこに頼んで良いのかわからない」というお悩みのご相談でした。
どのお客様も、もしも発生した場合に1日でも早く“通常業務へ普及したい”、“営業を開始したい”という切なる思いからのご相談です。
私達では、このようなお困りのお客様をサポートする使命があると考え、この度殺菌消毒サービスを開始することを決めました。

今回企画しました殺菌消毒サービスについてご興味のある方は、お気軽に弊社までお問い合わせくださいませ。

ご相談・お見積り すべて無料になります。

 

Q&A

Q1.新型コロナウイルス菌の殺菌消毒の作業内容は?

A.厚生労働省のHPに明記された有効とされている薬品および濃度で散布作業を行います。
下記内容は、厚生労働省HPの“新型コロナウイルスに関するQ&A”のページに記載されている内容です。ご確認下さい。

問8 感染の疑いがある患者を診察する際、医療者はどのような準備や装備が必要ですか?

手洗いなどの衛生対策を心がけてください。手などの皮膚の消毒を行う場合には、消毒用アルコール(70%)を、物の表面の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(0.1%)が有効であることが分かっています。また、医療器具の消毒にはグルタラール、フタラール、過酢酸も有効です。この場合は、使用時の留意事項を遵守してください。検体を扱う際にも、患者の取り扱い時と同様の感染対策をお願いします。
詳しくは国立感染症研究所のHP「新型コロナウイルス(2019-nCoV)」に掲載の関連するガイダンスをご参照ください。
https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov.html

【引用】厚生労働省「新型コロナウイルスに関するQ&A(医療機関・検査機関の方向け)令和2年3月24日時点版」

Q2.新型コロナウイルス菌の殺菌消毒サービスの料金は?

A.作業する広さ、事務用品・什器類などの物の量によって異なるため、現地確認後にお見積り書をご提出させていただいております。
お見積りは無料です。事前にご確認されたい方はお問い合わせ下さい。

Q3.作業後、新型コロナウイルス菌がいない事を示す証明書は発行できますか?

A.厚生労働省・保健所に確認しましたが、菌の存在の有無を示す指針がないため、証明書を発行することはできません。
ただし、当社で作業したことを示す“作業証明書”および“作業報告書”はご提出させていただきます。

 
弊社は従来から殺菌消毒サービスを行っており、経験・技術を持ち合わせておりますので、どうぞご安心ください。

>>殺菌消毒サービス詳細はこちら



コメントを残す

*

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME