サルモネラ菌

tel:0120-60-1064

サルモネラ菌

サルモネラ感染症は、サルモネラ感染症は、冬季より夏季に多く、こどもたちが特に感染症になりやすいです。また、乳児、老人、免疫が弱まった人は、重症となりやすいです。

感染経路
汚染された食品を食べると感染し、サルモネラ菌による食中毒症状である急性胃腸炎を起こします。
サルモネラ菌は、低温や乾燥に強い性質があり冷凍食品などで食中毒を起こすこともあります。
主には、食肉や卵などの食品が原因で感染症を起こします。

感染しない為には
予防としては、食材を十分に加熱し、まな板、包丁、ふきんなどはよく洗って、熱湯や漂白剤などで殺菌します。また、1番に手をよく洗って下さい。
サルモネラ食中毒の予防は、肉などのサルモネラ菌に汚染された食品を生食用の食品へサルモネラ菌を食品から食品へ移してしまうことは避けましょう。まだ、加熱していない肉は、サルモネラ菌に汚染されており、生食で食べる野菜や調理済の食品と区別して保管、調理する事が重要になります。
サルモネラ食中毒を予防する為にもサラダなど加熱調理をせずに食べる料理を先に調理する事は非常に有効だとされております。
また、仕様する調理器具(まな板など)を生食用とサルモネラ菌に汚染された食材で使い分けたり、サルモネラ菌などに汚染した食材を調理した調理器具を十分に洗浄、加熱殺菌、乾燥する事もサルモネラ食中毒を予防するうえでは非常に有効な方法だといえます。さらにサルモネラ菌に汚染された食物を扱うときには、そのたびに手をよく洗いましょう。 サルモネラ菌が体内から消えるまで、サルモネラ菌に感染している人は、食事を準備したり給仕したりすることは、控えましょう。

★症状
サルモネラ菌食中毒になると、へそ周辺の腹痛と、下痢が数日続きます。また、サルモネラ菌に感染した原因食品を飲食した後、半日から2日後までに吐き気やへそ周辺の腹痛がおこります。この後、水のような便や軟らかい便の下痢となり、38℃前後まで発熱し、下痢をくりかえします。このようなサルモネラ菌による食中毒症状は1日から4日ほど続きますが、ほとんどの場合は点滴や抗生物質などで改善します。サルモネラ菌食中毒のカゼと症状がよく似ていますので注意が必要です。



コメントを残す

*

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME