2016年8月号:夏場の冷え性対策 - ゴキブリ駆除のプロ集団FCC

HOME > FCCニュース > 2016年8月号:夏場の冷え性対策

2016年8月号:夏場の冷え性対策

2016年08月04日

今月号は〝施工員ブログ〟が載っております。
弊社へご契約を検討されている方は、是非一度ご覧下さいませ!

施工員ブログ →→→ FCCニュース2016年8月号

―――――――――――――――――――――――――――――――――
店長ブログ

「「夏場の冷え性対策」」

今回は〝夏の冷え性対策〟についてご紹介致します。

夏は外気の気温が高く、冷えとは無関係な気がしますが、油断は禁物です。
そこにはこわ~い落とし穴があるのです!

女性の身体は男性と比べると筋肉量が少なく、脂肪が多いので冷えやすいのです。

筋肉はエネルギーを燃焼し、体温を維持します。
一方で脂肪は身体の熱を閉じ込めるのには優れていますが熱を生む力はありません。
1度冷えてしまうと保冷剤のようになり、身体を冷やす原因となります。

もしも二の腕や太ももなどの柔らかい部分がひんやりとしていたら、
それは身体が冷えている証拠です。

また室内のエアコン設定温度が低いのも大きな要因です。

女性と男性とでは体内で作られる熱量が違います。
そのことにより体感温度が5度前後も異なることが分かっています。

実は男性が心地よいと感じる設定温度は女性にとっては寒すぎる!
なんてことがあるのです。

日焼けが気になる夏の季節。
太陽から逃れようと1日中エアコンの効いた室内にいると、外気との温度差に順応できず、
いざ外出した際に熱中症へのリスクが高まります。

また自律神経が乱れやすく、冷えの悪化やむくみを引き起こしやすくなり、
冷房症にも陥ってしまうので気をつけましょう。

外気が暑いからと冷たいものを摂りすぎるとお腹が冷え、心臓に送られる血液も冷えるため血流が悪くなります。

常温の水を飲むのが1番ですが、冷たいものを摂取するときは少しずつがベストです。
ただし暖かい飲み物であれば何でもいいというわけではありません。
砂糖とカフェインが含まれた飲み物は体を冷やす作用があるので避けましょう。

暑い夏も、身体の冷えには十分お気を付け下さい!
出来るだけ常温の水を摂るように心がけるようにしましょう。



お問い合わせ

PageTop



神奈川のゴキブリ駆除集団FCC。関東・静岡対応いたします。

ゴキブリ駆除のプロ集団 株式会社 FCC
〒251-0043 神奈川県藤沢市辻堂元町4-3-32
TEL : 0466-31-3164 FAX : 0466-31-3174