FCCコラム 【ゴキブリ駆除】衛生管理で必要な定期的な清掃ポイント

VISA mastercardUnionPaytel:0120-60-1064

FCCコラム 【ゴキブリ駆除】衛生管理で必要な定期的な清掃ポイント

2018-06-12

●水周りの掃除は定期的に行わないと非常に危ない場所家の中には、どうしても湿気が多くなってしまう場所があります。
ゴキブリは、湿度の高い場所を好む生き物です。
駆除したとしても、湿度の高い場所が作られてしまうとまた生息するようになり、再び駆除しても高い繁殖力で残ってしまいます。
そのため、元々湿気が高くなりそうな風呂場周辺は気をつけてください。
お風呂場をはじめ、湿気の多いところには湿気を取り除くための方法(除湿乾燥機等)を採用してください。
その上で1週間に1回程度の掃除は欠かせません。
また、台所の水周りでは、最低でも数日に1回程度は生ゴミを捨てて、ゴキブリが出てこないように工夫をする必要があります。
水周りについては、ゴキブリ発生を防ぐ重要な場所として定期的に掃除をしてください。

●ゴミ袋の周辺は繁殖する可能性が高いので綺麗にする
ゴキブリは、室外に置かれているゴミ箱が大好物で、ここは駆除してもすぐに繁殖するほど大変な場所です。
ゴミ袋を置く場所については室内・室外問わず、定期的に掃除をして綺麗にしてください。
ゴミ袋周辺を掃除するときの注意すべきポイントは、
なるべくゴミ箱を乾燥させてからゴミ袋を設置して、湿気の多い状態にしないことです。
掃除の際にゴキブリが出てきたら駆除をすることも大切です。

●ゴキブリをとめるために
ゴキブリは、駆除しても別の場所で生きていることがあり、再び戻ってきて繁殖を繰り返すこともあります。
ゴキブリを駆除しても、何度も出てきているようなら意味がありません。
ゴキブリは、駆除してもまた出てくる生命力の高い生き物です。
掃除・除湿を徹底して、少しでも出てこない工夫をしてください。
ゴキブリが好きな環境を作らないようにしつつ、駆除する回数を減らすことがとても大事なことです。


業種別の対策方法



※クレジットカード決済に対応しています。


コメントを残す

*

PAGE TOP






MENU

CONTACT

TEL
HOME