雷が鳴ったらへそを隠すワケとは

雷が鳴ったらへそを隠すワケとは

近頃天候不順による大雨のニュースをよく耳にします。 大気の状態が不安定になると、落雷の危険もあります。 今週は雷の発生する仕組みと留意点をご紹介致します。 ■雷の発生する仕組み 暖かい空気があるところに冷たい空気が入り込むと 冷たい空気は暖かい空気の下に潜り込もうとします。 暖かい空気は、下から冷たい空気に押し上げられるので 上昇気流が激しくなり積乱雲が発生します。 積乱雲は十分に成熟すると、雷を伴い夕立を降らせるのです。 ■雷が鳴る時、気温も急激に変化する 雷が発生するまでには、上記のようなメカニズムがあるのですが 注目する点は、地上での気温の変化です。 雷が鳴る前、地上は暖かい空気で満ちています。 その場所にいる人は当然のことながら暑さをしのごうとするので、服装は薄着となります。 ところが雷が発生する時というのは、冷たい空気が入り込んでくるので 一転して気温は急激に下がることになります。 古くから経験則によって、雷が鳴るとその後気温が下がるということは 知られていたようです。特に子供の場合は、気温の変化に対応するのが 難しいので薄着でお腹を壊したりしないよう、「雷が鳴ったらへそを取 られるから、隠しなさい」と教えたのですね。 【今週のおすすめ商品】 業務用 FCC®ピュアマイルド(食器用)です。 これから夏本番で暑さもピークとなります。 同時に行楽シーズンでもあり、屋外でのバーベキューやキャンプなど 楽しいイベントを計画されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 大人数でもたっぷり使える 業務用 FCC®ピュアマイルド(食器用) をオススメします。 自然の植物(100%)から出来ている為、赤ちゃんの哺乳瓶やお野菜を洗うのも問題なし。手荒れ、アトピー等でお悩みの方でも安心です。

衛生用品のお問い合わせはこちら

お問い合わせ

PAGE TOP

新着記事INFO




MENU

CONTACT
HOME