調理時の手洗い

調理時の手洗い

来週2/14はバレンタインデーです!! 手作りのチョコレートを作る方が多いのではないでしょうか? そこで今週は、調理時の正しい手洗い方法をご紹介致します♪ ~今回ご紹介したい商品はこちら!~ ~ファインハンドクリーンです!!~ 【調理時の手洗い方法】 ■手洗いはいつやるのか ・調理を始める前 ・トイレの後 ・食材が入っていたトレイやダンボールなどに触れた後 ・調理作業中に生鮮食品に触れた後(肉、魚など) ・そのまま食べるもの(サラダ、和え物、刺身、卵焼き、漬物など)の調理・盛り付け前 ■手洗いの手順 ①流水で手を洗い、石鹸をつけ手のひらをよくこする ②手の甲を伸ばすようにこする ③指先・ツメの間を念入りにこする ④指の間を洗う ⑤親指と手のひらをねじり洗いする ⑥手首も忘れずに洗う ⑦その後、十分に水で流し、清潔なタオル(またはペーパータオル)で よくふき取って乾かす ⑧石鹸を適量手に取り、1から7までを繰り返す ⑨必要量の消毒用アルコールを手に取り、手指によくすり込む !ポイント! ・腕時計や指輪ははずしましょう。 ・1度だけでなく、2度洗うとより効果があります。 ・お湯を使うと寒い季節でも十分な手洗いにつながります。 ・薬用石鹸、逆性石鹸を使うとより効果があります。 (ただし、ノロウイルスに対しては十分な効果が実証されていません) ・石鹸を使うときはよく泡立てましょう ・手の乾燥にはペーパータオル又は清潔なタオルなどを用いましょう ・消毒用アルコールは手の水気をとってから使いましょう ・手を洗った後は、手荒れを防ぐためにハンドクリーム等でお手入れをしましょう ―いかがでしたでしょうか。 汚れが残りやすいところとしては、右手人差し指の先(甲側)が最も残りやすいそうです。 (指先と手の甲は、洗い残す人が多い傾向にあり、また、利き手は、反利き手に比べて 洗い残す人が多いそうです。) 指先や爪の間、手のしわは汚れが残りやすいところです。特に注意して洗いましょう! 特に利き手は、意識して丁寧に洗いましょう!

今週のおすすめ商品

今回ご紹介します商品は「ファインハンドクリーン」です! ●植物素材F-118配合。 ●泡状なので液だれしません。 ●公的機関のMSDS、抗菌試験データを取得し化粧品の認可を受けていますので   安心安全です。 従来のアルコール性商品に比べ保湿力に優れています! 是非一度、ご利用くださいませ! 他の衛生用品のチェックはコチラからどうぞ! →→→ 他の商品もチェック!!!

衛生用品のお問い合わせはこちら

お問い合わせ

PAGE TOP

新着記事INFO




MENU

CONTACT
HOME