正しいマスクの洗い方

正しいマスクの洗い方

2020-04-28

新型コロナウイルスの影響で、不織布を使った使い捨てマスクの全国的な品薄状態が
続くなか、洗うことで繰り返し使用できる「布マスク」に注目が集まっています。
政府からも1世帯あたり2枚の布マスクが配られることが発表され、実際に手元に届いた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、普段から使わないだけに「どんなふうに洗えば良いのか」と迷いませんか?
そこで今回はマスクの洗い方についてご紹介致します!

■布マスクの洗い方

1・ぬるま湯を入れた容器に、中性洗剤を加え「洗剤水」を作ります。
2・マスクを入れて優しく「押し洗い」をします。
洗うマスクが複数の場合、ウイルスが他のマスクにつかないよう1枚ごと洗剤水を
替えましょう。
3・洗剤が残らないよう、3回ほど水を替えて丁寧にすすぎましょう。
4・タオルに挟んで、水分を拭き取ります。
洗濯機で軽く脱水することも可能ですが、マスクの形状をなるべく崩さないよう
時間を短くしましょう。
5・干す前に手で叩いてシワを伸ばし、形を整えます。
6・風通しの良い日掛けで「自然乾燥」させます。

■なぜ中性洗剤を使用するのか?

中性洗剤とは酸性でもアルカリ性でもなく、その「中間の性質を持った洗剤」のことを
指します。
洗浄力は弱めですが、その分刺激も少なく、ガーゼマスクのような「顔に直接触れたり、
デリケートな素材を洗う」のに向いている洗剤です。
中性洗剤を選ぶ際は、洗濯用(オシャレ着洗い)や食器用の洗剤を選ぶと安心です。

■使い捨てマスクは洗えるの?

使い捨てマスクの再利用はオススメ出来ないと言ってはいますが、
どうしてもそれしかない状況もあるかと思います。
全国マスク工業会は、使い捨てマスクを再利用するしかない場合も上記の洗い方を
抑えて行ってくださいと紹介しているので、
それしかマスクがない場合は洗って再利用しましょう。
使い捨てマスクを洗うと機能は落ちてしまいますが、咳やくしゃみでウイルスの飛散を
防ぐという目的でもあれば、洗ってもまた使えるそうです。
いかがでしたでしょうか?
まだまだ先の見えない状況で、「コロナ疲れ」も感じられているときだと思います。
しかし、ここで油断はせずに外出する際はマスクをつけて、手洗いうがいを徹底しましょう!
【今週のおすすめ商品】
★7倍希釈薬用石鹸セーフメイトSP★
弊社が取り扱っている消毒液(アデチール)とマスク(スパンボンドマスク)は在庫切れと
なっていますが、手の洗浄成分と殺菌成分の両方が含まれている「セーフメイトSP」と
いう商品を取り扱っております。
手を洗うだけで洗浄と殺菌の両方の効果が得られ、爽やかな香りで手に付いてしまった
嫌な臭いも残さず落とします。
ぜひお試しください!


衛生用品のお問い合わせはこちら

お問い合わせ

PAGE TOP

新着記事INFO




MENU

CONTACT
HOME