食中毒について

食中毒について

皆様、こんにちは! 先日のニュースで、熊本の避難所で起こった集団食中毒は黄色ブドウ球菌によるものだと発表されました。 炊き出しで提供されたおにぎりが原因のようで汚染経路は不明ですが、運搬で使用された発泡スチロールは菌が増殖しやすい高温多湿の環境であったようです。 今回おすすめしたい商品はこちら!!! アデチール5000(食品添加物)です!!! そこで今回は食中毒について知識を深めたいと思います。 まず、食中毒とは食中毒の原因となる細菌やウイルスが付着した食品、もしくは 有毒・有害な物質が含まれる食品を食べることによって起こる健康被害のことを指します。 多くの場合、頭痛・発熱のほか嘔吐・腹痛・下痢などの胃腸炎症状を起こします。 まれに腎臓障害や呼吸麻痺等を起こし、最悪の場合は死亡するケースもあります。 風邪の症状と似ているため、放置をしてしまうケースも少なくないようです。 また食中毒は4種類に分類されます。それらは細菌性食中毒、ウイルス性食中毒、化学的物質による食中毒、自然毒による食中毒です。 今回発生した集団食中毒は黄色ブドウ球菌によるものなので細菌性中毒に当てはまります。 細菌性食中毒は5月から9月に最も多く発生し、大きく感染型と毒素型に分類されます。 感染型とは、食品中で一定菌数以上に増殖した細菌を食品と共に摂食し、胃酸のバリアーを通過して、腸管の表面に定着し感染して食中毒を起こします。 一方で、毒素型とは、食品中で細菌増殖する際に産生した毒素を食品と共に摂取することで食中毒を起こします。 黄色ブドウ球菌は毒素型で、加熱殺菌・低温保存等により食物上での繁殖を防ぐことが重要となります。 日本は衛生管理の整った国です。細菌性食中毒の発生は徐々に減ってはいますが、まだ発生があるのは事実です。これから暑くなる、5月から9月にかけては十分に気をつけて食品管理を行いましょう。 また少しでも体調の異変に気がついたときは早めに医師に相談しましょう。 そして当社が推奨するスプレーして簡単に除菌ができ、 食品の品質保持・保存に効果がありますアデチール5000(食品添加物)を是非、ご利用になって見て下さい! 他の衛生用品のチェックはコチラからどうぞ!→→→ 他の商品もチェック!!!

衛生用品のお問い合わせはこちら

お問い合わせ

PAGE TOP

新着記事INFO




MENU

CONTACT
HOME