レンジフード(キッチン換気扇)の掃除方法

レンジフード(キッチン換気扇)の掃除方法

レンジフード(キッチン換気扇)の掃除をしたことのある人なら誰もが気になる、 レンジフードの掃除のコツをまとめました。 ~今回ご紹介したい商品はこちら!~ ~FCC®オイルクリーンです!!~ 【レンジフードのお掃除間隔は?】 レンジフードを掃除したことが1度でもある人なら、当たり前に頭に浮かぶこの疑問。 これは、とても気になりますよね。 メーカーの方では、機種もしくは箇所毎(フィルターと本体など)に、1ヶ月毎や3ヶ月毎 など、推奨頻度を明示しているようですが、それはあくまでも”推奨”です。 レンジフードのお掃除頻度に正解はなく、しいて言うなら『こまめに』する事が大切です。 使用頻度に応じて、汚れがひどくならないうちが理想的です。 レンジフードの汚れでありがちな、油汚れにホコリが付着し固着してしまう現象。 こうなるとあっという間に汚れが分厚くなってしまい、肝心なレンジフードの吸い込みを 邪魔してしまいます。 また、こうなってからでは掃除の手間もかかり、キレイにするまでに相当な時間を 要します。”さっと拭くだけ”や、”さっと洗い流すだけ”で済む状態のうちに、 お手入れするのがオススメです。 【レンジフードの正しい掃除方法】 キッチン機器の掃除の中でも敬遠されがちなレンジフードの掃除。 高い位置にあるため、掃除がしづらいなどのデメリットはありますが、コツをつかめば、 そんなに難しいものではありません。 まず、レンジフードは電気機器なので、水気は故障の原因となるためNG。 うっかりやってしまいがちですが、直接吹きかけるのはNG×です。 取り外してお手入れできる部分以外の掃除は、液体の洗剤などを直接吹きかけるのでは なく、タオルなどに洗剤を染み込ませたもので拭き取るのが基本です。 ■汚れがひどい時 洗剤を染み込ませたティッシュやキッチンペーパーなどをペタペタと塗布し少し時間を 置いてから、塗布した紙ごと拭き取るのがオススメです。洗剤を使用しての拭き掃除の 後は、必ず綺麗なタオルなどで洗剤と水気を拭き取ります。 また、取り外しができる部品(シロッコファンやフィルター)は、 必ず取り外してお手入れをし、しっかり乾かしてから元に戻すことが重要です。 【レンジフード掃除に使う洗剤は何が良いの?】 ・台所用の中性洗剤 固く頑固な汚れと化したレンジフードに付着した油汚れを落とすために、強力な洗剤を・・。と思いがちですが、レンジフード掃除に推奨される洗剤は「台所用の中性洗剤」です。 キッチン掃除の定番、アルカリ性の液体洗剤などはレンジフードに施された塗装をも はがしてしまうため使用はNGとされています。 また、多くの掃除情報サイトなどでオススメされている『重曹』は、 アルカリ性であるため、レンジフード掃除には適さないという声も。 最新のレンジフードは、本体やファンなどに特殊塗装を施して汚れをつきにくくする工夫 がなされているものが多くあります。 せっかくの塗装をはがしてしまっては、逆に汚れをつきやすくしてしまいます。 万能洗剤として人気の重曹ですが、レンジフード掃除の際には、事前に確認が必要です。 推奨の洗剤の種類や、使用不可の洗剤の種類などはお使いのレンジフードの説明書に 記載されていることが多いので、 お掃除の際は、きちんと事前確認をオススメします。 (※使用説明書に明記がない場合、メーカーに直接お問い合わせすることを推奨します。) レンジフード掃除の洗剤の基本は「中性のもの」と覚えておいてください。 また、掃除の前にはしっかり取扱説明書を読むことも、レンジフードをキレイに使う コツの1つです。 レンジフードのお掃除は、ポイントをおさえてこまめに行いましょう。

今週のおすすめ商品

FCC®オイルクリーンは油を乳化させ、油の性質そのものを消失させる中性洗剤です。 レンジフードのお掃除に最適! 是非、FCC®オイルクリーンをご利用下さいませ! 他の衛生用品のチェックはコチラからどうぞ! →→→ 他の商品もチェック!!!

衛生用品のお問い合わせはこちら

お問い合わせ

PAGE TOP

新着記事INFO




MENU

CONTACT
HOME