風邪の対処法

風邪の対処法

皆様、こんにちは! 風邪やインフルエンザ等がはやる季節が今年もやってまいりましたね。皆様も病気等にかからない様お気を付けて下さいね。 さて、今回おすすめしたい商品はこちら 衛生用品 業務用 FCC-ピュアマイルド(食器用)です!!!!! 今回は風邪の予防法と、ひどくしない為の対処法をご紹介したいと思います。 熱が出た時は、熱を下げる前にまずは横になって安静にしているのが一番です。発熱はウイルスと闘う為の体の防御反応なのです。冷却シートなどで冷やすのは38.5℃以上のときにしましょう。寒気がする時は、首の後ろには風邪の通り道とされるツボがあり、そこから熱が逃げるので、カイロなどで首の後ろを温めるようにしましょう。外出する時もマフラーなどでしっかりガードしましょう。 のどの痛みや咳が出る時は、濡れマスクでのどを守りましょう。ガーゼのマスクをぬるま湯に浸して絞り、上3分の1を外側へ折り返し、鼻の下の縁に来るようにつけましょう。鼻の下のガーゼが二重で水分を多く含む為、充分な水蒸気を吸入でき、のどや鼻に潤いを与えてくれます。鼻水・鼻詰まりの時も有効で、寝る時にものどの乾燥を防いでくれます。 「熱が高くなければお風呂に入ってもいい?」と疑問に思う所ですが、お風呂で体を温めて汗を流す事は風邪の回復にいいそうです。ただし、体に負担をかけない様に、ぬるすぎず、熱すぎない湯にさっと入る程度にしましょう。更に、湯冷めしない様に、浴室や部屋は前もって温かくしておきましょう。洗髪は控えた方がいいのですが、洗うならドライヤーなどですぐに乾かしましょう。体が冷えない様に、汗や水気は完全にふき取りましょう。 寝る時は、寝汗に気を付けましょう!寝汗をかくと、体を冷やしてしまいます。寝汗をかいたらすぐに取り替えましょう。また肌着やパジャマは吸湿性の良い天然素材の綿などが良いでしょう。抵抗力が落ちている睡眠時は風邪をひきやすく、悪化しやすいのです。寝る前には少量の水分をゴクンと飲み込んで、ぬれマスクをして寝ましょう。また、目覚めた時にすぐ水分が取れる様に枕もとにペットボトル飲料等を用意しておきましょう。 朝起きて「風邪かな?」と思った場合は、一応起き上がって水分を取り、トイレを済ませてみましょう。目が覚め、血圧・体温が上がると共に元気が出てくるものです。そのまま寝ているより症状の悪化を防いでくれます。ただし、起き上がっても辛いようならば無理は禁物ですね。 ビタミンCは、風邪ウイルスが細胞内に侵入するのを防いで体の免疫力を高め、風邪にかかりにくくしてくれます。また、抵抗力を高めるホルモンの生成を助ける働きもあります。緑黄色野菜や、果物、イモ類に豊富に含まれています。ただし果物は体を冷やすので、摂り過ぎに注意しましょう。2~3時間で尿に排泄されてしまうのでこまめに摂るようにしましょう。 そこで当社が推奨する衛生用品 業務用 FCC-ピュアマイルド(食器用)を是非使ってみて下さい!! 他の衛生用品のチェックはコチラからどうぞ!→→→他の商品もチェック!!!

衛生用品のお問い合わせはこちら

お問い合わせ

PAGE TOP

新着記事INFO




MENU

CONTACT
HOME