FCCニュース - ゴキブリ駆除のプロ集団FCC

HOME > FCCニュース

2016年7月号:季節のムシ暦~虫達の活動シーズンがやってきた~

2016年07月07日 [記事URL]

暦も6月、〝水無月〟に入り、水郷地帯に「アヤメ」が咲き乱れ、景観に〝彩り〟を添えている。
また、四囲の空氣に、なんとなく「シットリ」感を増した気分になる日々である。

こんな事を感じながら、此の稿を進めているが、指を折り、数えてみると、もう100囲を越してしまった。これは、年にすると8年も経ったことになる。
この時の流れの長短は別として、話題の主(ヌシ)を「虫」に限ったが、よくもこんな種子が尽きなかったものだと驚く。

この継続を支えたのは、その時代の風潮によって、虫の問題性が、様変りするからであろう。
ただ、その問題性は、その時代の人の生活様式や都合で定められてしまう。

また、問題にされる「虫」達は、多くは人が、その虫の出易い状況を造り出している。人間とは、なんとも身勝手な動物である。
ところで、人が最も身近で容易に接する「虫」は、何だろうか。生活の場で接する「虫」は、なんと云っても、ハエや蚊であろう。
しかし、この虫達の何処が、何故に悪いのかと問はれると、俄(ニワカ)には、答えられない。

私達の虫に対する認識は、子供の頃からの記憶をたどると、うるさい(五月蠅い)虫、刺咬・吸血による痛い、痒いなどである。
時に、お腹を壊したり、熱を出したりするなど、病氣のどちらに罹っても良いと云う訳ではないが、一般的に恐れられていたのは、〝熱〟の出る方が、嫌はれていた。

私達は、虫に刺されて〝熱〟が出る病氣と云へば、直に思い浮かべるのは、「マラリア」と云う名前である。
この病氣は「蚊」が染すものと教えこまれていたので、蚊と云う虫には、何となく怖さを抱いていた。
しかし、この蚊は、夏の景物で、これが出てこないと夏と云う季節が、やって来なかった。

これは、古典的な「蚊」で、生活様式や環境の変化が、新顔の害虫を増した。住環境の都市化が進み、ビルが建ち並ぶと「チカイエカ」などと云う、新顔の蚊が登場した。
この蚊は、地下街の水素、水洗便所の浄水槽などを発生源とする、新顔の害虫群なのである。

続きはこちらで →→→ FCCニュース2016年7月号



2016年6月号:季節のムシ暦~生活の場のペスト事情~

2016年06月09日 [記事URL]

厄介なのは、〝混入異物〟の虫事情だ。

今、暦の上での呼称は、別称で「いろいろづき(五色月)と伝うそうだ。
この五月は、なんとなく〝生き生き"していて、人の生活の場に活氣が、漲るようだ。

また、山野にも生きものの活動が、目立つと来た。今、わが家の庭には、雑草の「ドクダミ」が、白い花をつけ繁茂している。
この雑草は、その昔、「はれもの」や虫刺されの薬や「かい虫」の駆除や利尿剤にも利用されていた。

それに、眼の前を中型のチョウ、「クロタイマイ」が、翔んでいる。どこに、幼虫の雑草があるのか、定かでは無いが」、自然環境が残って居るのだろう。

もう、「風土病」などと伝う言葉は、生活の場に登場しないが、人の野外活動が増えると小動物由来の病氣が、話題になる。それと共に増えるのが、虫クレームだ。その周辺事情を考えてみよう。

今日、人は、「虫」を混入異物の悪者として、「槍玉」に上げているが、本当に、これで良いのだろうか
だが、食品類に「虫」が混入していても良いと肯定している訳では無い。少し、心配なのは、何故、何時までも同じ事が、繰り返し起り、一瞬の話で終るだけで、虫に対する認識の変りなさである。

こんな、現状の改善には、何が必要なのだろうか、それは、生活の場で、「異物混入」が話題性を持つようになった背景を考える事だろう。

「虫」の異物混入が、今日的状況に至った原臭は、今から少し前の時代、日常生活の場での「生活の質」の向上が、求められる風潮の芽生える中で、顕在化した事象と伝える。

従って、これには、何か切っ掛けがあるはずだ。では、何なのだろうか、振り返ってみよう。

なお、此のことは、今、氣付いたが、この事象を醸成させた母体は、どうも「生協(日本生活協同組合連合会)の活動ではないかと考えられる。
それは、「生協」の活動の精神的背景が、会員へのサービス向上にあって、その姿勢が大きく関与すると思えるからだ。

「生協」は、会員(消費者)に安全、安心のサービス提供をモットー(motto)とする中で、商品への混入異物対策にも眞剣に取り組んだ。
そんな、商品クレームの中で、実害は無いものの不満が目立って多かったのが、食品類への「虫」の混入事例であった。

生協は、この結果を重視し、直に、これを改善すべき課題に取り上げた。その行動は、迅速で、現場の実情を調査し、再発防止に着手した。
当時は、商品に「虫」が混入していても「たかが虫」の時代であって、メーカーや販売店などでは、虫の混入や付着など殆んど問題にしなかった。

続きはこちらで →→→ FCCニュース2016年6月号



2016年5月号:季節のムシ暦~生活の場の害獣、ネズミ退治~

2016年05月11日 [記事URL]

生活の場の「ペスト」と云えば、私達は、なんとなくハエ、カ、ゴキブリ、ノミ、シラミ、ナンキンムシ(トコジラミ)などを思い浮かべる。
だが、本当に厄介な動物は、人と生活の場を共にする「ネズミ」なのである。
それでも、今日、住宅の天井裏を「ネズミ」が走り廻ったり、家具などを齧る音などを耳にすると云う光景は、めっきり少なくなったと思う。

しかし、現実は、「ネズミ」の害は増える事があっても、減ることは無く、害の悪質性を増している。

今日、ネズミがもたらす怖い病気と云えば、「サルモネラ」由来の食中毒だけでは無く、聞きなれない「ジカ熱」と云う病気が、話題になっている。
この「ジカ熱」と云う病気は、「ウイルス」が病気体であるが、このウイルスは、もともとネズミの持つウイルスである。
怖い病気の背景には、常に「ネズミ」が登場し、その役割の大きさを示している。

このように、「ネズミ」は、病原菌や寄生虫などの巣窟、百貨店で、昔も今も人にとって、許し難い「害獣」なのである。

さて、このような「ネズミ」とは、どんな動物なのか、その辺の事情を紹介して置きたい。
ネズミと云う小動物は、分類学的には、齧歯目(ケッシ)のネズミ科に属する一群で、繁殖力の旺盛な動物である。
その中で、人間の住環境周辺で問題になるのは、クマネズミ、ドブネズミ、それにハツカネズミである。
まれに、山野で活動する「ハタネズミ」と云う野外種が、家屋内に侵入し話題になることがある。これは、あくまで迷入種であって、駆除の対象にはならない。

では、ネズミの一般的な生活史であるが、それは、通常、妊娠期間が21日程度で、一匹の雌ネズミは、年間に5~6回産仔する。
これは自然環境下では、3月から6月にかけてが多く、出生後、2ヶ月で成熟し産仔能力を持つようになる。
なお、ネズミは、産仔能力は高いものの、各種の要因で幼獣のうちに80%前後が死亡するようだ。
そんな事で、一年も生存するのは産仔数の5%前後で、2年も3年も生存するのは1%に満たないと云われている。

しかし、小空間で活動が出来、環境適応性も高く、どんな所にでも棲むので厄介だ。

食性は、他の動物に比較して、非常に雑食性で広範囲にわたる。しかし、主として未加工の植物質、加工植物質のものを摂食する。
例えば、穀物、甘藷、根菜類、果菜類、菓子、チョコレートなどを摂食する。
その他、動物質のものでは、昆虫類、鳥類の卵、魚の干物、植物の油、チーズ等、なんでも食べるようだ。
特に、人間の食べるものは、良好なる栄養源となるため好んで摂食する。
しかし、ネズミは警戒心が強く、特に餌を採る場合は、用心深い。新しいものには異物反応(恐怖や嫌厭の行動など)を示す。

続きはこちらで →→→ FCCニュース2016年5月号



2016年4月号:2016 麺産業展のご案内

2016年04月07日 [記事URL]

皆様方の御支援とご愛顧のおかげを持ちまして、「2016 麺産業展」に出展させて頂く運びとなりました。
時節柄、ご多忙と存じますが、是非弊社の出展ブース(4C‐08)へお立ち寄り下さいませ。
社員一同、心よりご来場をお待ち申し上げております。


開催概要

◇名 称
2016麺産業展 ~そば・うどん~
◇テーマ
めんは元気な健康食 -日本の伝統食文化「そば・うどん」-
◇会期
2016年4月13日(水) 10:00~17:00
2016年4月14日(木) 10:00~17:00
2016年4月15日(金) 10:00~17:00
◇会場
東京国際展示場(東京ビッグサイト)東展示場4ホール[地図]
〒135-0063 東京都江東区有明3-10-1
TEL:03-5530-1111(代表)
◇主催
麺産業展実行委員会
一般社団法人日本麺類業団体連合会
全国麺類生活衛生同業組合連合会
東京都麺類協同組合
東京都麺類生活衛生同業組合
◇2015年来場者数
75,129名 /3日間合計(7展示会合計)

header.jpg





その他の記事はこちらです♪



2016年3月号:季節のムシ暦~虫とは、人にとって何なのか?~

2016年03月03日 [記事URL]

私達は、食物に「ムシ」が入っていると「異物混入」として、大騒ぎをするが、世の中には、もっと凄い事のあるのには、ビックリした。
なんと、[廃棄物のカツ」が、堂々と店頭に並んだのだ。
これに比較すれば、異物の虫など可愛いものだ。

しかし、人は、虫を退治する。それは何故なのだろうか?
虫の姿を見ない冬場に、今一度、考えてみよう。

では、虫とは何だろうか。
実は、地球という「惑星」に登場したのは、「虫」は人よりも先なのである。
つまり、この地球では、人よりも先住民なのだ。

また、その生息数は、人よりも格段に勝り、世界の動物の4分の3が虫で占められているのだ。
それに、その種類は、90万種を下らないと云うすごさである。

では、この虫は、何時の時代に、この地球上に姿を見せたのだろうか。
また、虫の原点は、どうも水中の甲殻類と称する「エビ」や「カニ」の仲間の生物が、身体の部分の一つである付属肢という構造物を脚(アシ)や翅(ハネ)に変化させて、「トンボ」と云う姿になって空を飛ぶようになってからだと云う。
それは、今からなんと5億年も前の事のようである。

これに比較すると人間は、ずっと後世である。
人間の祖は、チンパンジーの祖から独立してから「原人」や「旧人」などの時代を経て、[新人]の誕生までに、およそ10万年を要した。それにしても、人類の地球上への登場は、「虫」よりもはるかに後世なのである。

たかが「虫」と云うが、虫には、この様なヒストリーがあるのだ。
こんな虫達を私達は、どのように認識し、どんな接し方をしているのだろうか、考えてみたい。
しかし、その接し方は、その人達の生活の場の状況によって、大きく異なるようだ。

同じ虫であっても、その人の生活の場が、農山村部なのか、都市部なのか、あるいは生産活動の場なのかで、その受け取り方は、かなり違うはずである。
一般的な判断基準は、人にとっての利害関係にあって、強いて整理するとおおよそ、次のように類別する事が出来る。

続きはこちらで →→→ FCCニュース2016年3月号



2016年2月号:暖房中も定期的に換気を

2016年02月04日 [記事URL]

皆様、こんにちは!
冬と言えばストーブ・こたつ・エアコンなどの暖房器具が欠かせない時期です。
猫はこたつで丸くなるといいますが、人間も同様ではないでしょうか?
なかなか部屋から抜け出せないですよね。


さて部屋を暖めるにあたって、部屋の換気は出来ていますか?
せっかく暖めたのに、寒い外気を部屋に取り入れるのは億劫ですよね。
しかし定期的に換気を行わなければ体に悪い影響を及ぼします。


○換気の必要性

現在の家は昔と比べると気密性に優れています。
そのため暖房器具から発生する二酸化炭素や一酸化炭素による中毒症状を起こしかねません。
またハウスダスト(ダニの死骸やフン、カビや人間の剥がれ落ちた皮膚など)により
アレルギー症状を引き起こす原因にもつながります。
冬場になると着込む衣類の数も増えるため、その分ホコリを外から運び込み、部屋の中で舞ってしまいます。
乾燥した粘膜には厄介で、風邪の原因にもなります。


○換気の目安

一般に一人あたりに必要な酸素量は1時間に6畳1間分と言われていますが、
換気をしなければ人間の呼気により空気はどんどん汚れていきます。
また咳をした際に細菌をばらまいている可能性があります。
理想の換気頻度は1~2時間に1度です。
6~8畳の部屋であれば、1回の換気に必要な時間はたったの5分!
これなら実践できそうです。
あとは週末の昼間など比較的暖かい時間を使って30分ほどの換気をしてみましょう!
同時にお掃除もはかどりそうですね♪


寒くてなかなか捗らない冬場の換気。
家中の換気扇も使いつつ、まずは5分間の換気から始めてみましょう!
新鮮な空気を吸って健康的に冬を乗り切りましょう!

FCCnews_2016_02_P1_1.pdf



2016年1月号:新年のご挨拶

2016年01月12日 [記事URL]

FCCnews_201601P1_1.pdf


新年あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、旧年中は人員体制の不備や個々の意識の問題から、点検やサービス面に於いてお客様にご迷惑をお掛けすることが頻繁に発生いたしました。一昨年からの歪みを昨年も引きずったまま終始した一年でした。この場をお借りして深くお詫び申し上げます。

対応面の悪さ故に、業界一を誇っていましたお客様リピート率も昨年は低下しました。お客様満足が低下していると判断しています。マーケットの弊社への評価はリピートに表れます。

本年度は原点に立ち戻ります。市場では拡大よりも、私はお客様満足や技術力で勝負したいのです。昨年度中に体制は既に整えました。優秀な中途社員の採用、新卒社員や留学生の増員も実施しております。

技術力も必ず取り戻します。以前私が一人で開業していたころの様な、最後の砦になる様な会社です。お客様満足面では、昨年度後半に何日もみんなで話し合い、共通言語"全社スローガン"を作りました。

それが...『守ります。守らせてください。』です。
この'守る'は約束を守る、お客様の衛生環境を守る、会社の理念を守る...等の多様な意味が含まれています。

本年度、弊社は変わります。皆様方の期待に応えられるように全力を尽くして参る所存です。何卒よろしくお願い申し上げます。

平成28年1月1日
株式会社FCC
代表取締役 深澤 正司



2015 03月号:万病の妙薬

2015年03月02日 [記事URL]

FCCnews_2015_03.pdf



新年のご挨拶

2015年01月06日 [記事URL]

FCCnews_2015_01.pdf



2014年12月号:施工スタッフについてのお知らせ

2014年12月01日 [記事URL]

FCCnews_201412.pdf




《 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 


お問い合わせ

PageTop



神奈川のゴキブリ駆除集団FCC。関東・静岡対応いたします。

ゴキブリ駆除のプロ集団 株式会社 FCC
〒251-0043 神奈川県藤沢市辻堂元町4-3-32
TEL : 0466-31-3164 FAX : 0466-31-3174